精神科看護  (14)

日本精神科看護協会 [編集]

国立国会図書館雑誌記事索引 28 (1) (通号: 100) 2001.01~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度, 出版地の変更あり;編者変遷: 日本精神科看護協会 (1巻1号-1巻2号) → 日本精神科看護技術協会 (3号-37巻3号);出版者変遷: 日本精神科看護協会 (1巻1号-1巻2号) → 日本精神科看護技術協会 (3号-v. 29, no. 12);臨時増刊号あり;1巻1号=1号(昭和49年10月) ; 1巻2号=2号 ; 3号 - 68号 ; 25巻4号=69号(1998年6月) -;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集/アルコール症・覚醒剤中毒 / / p4~70
  • 特集I アルコール症 / / p4~44
  • アルコール症の概念 アルコール症をめぐる今日の問題点 / 田中孝雄 / p4~11
  • アルコール依存症の臨床と治療 / 長雄澄雄 / p12~18
  • アルコール専門病院における看護管理の問題点について / 曽我吉子 / p19~24
  • アルコール依存症 離脱症状時における看護 / 師岡順子・他 / p25~29
  • アルコール専門病棟の集団療法 / 安田ひで子 / p30~34
  • アルコール依存症者の社会復帰活動 / 世良守行 / p35~39
  • 地域におけるアルコール依存症者の問題 / 須田美代子 / p40~44
  • 特集II 覚醒剤中毒 / / p45~70
  • 覚醒剤乱用の現状 社会学的立場からの解析 / 諸治隆嗣 / p45~53
  • アンフェタミンの薬理 フラッシュバック現象について / 前田潔 / p54~58
  • 覚醒剤中毒症の臨床像と治療 / 津久江一郎 / p59~64
  • 覚醒剤中毒患者の看護について / 金井鈴子 / p65~70
  • 分裂病退院患者の継続医療と再発の調査 東浦病院における実態と現状 / 吉川美智子・他 / p71~75
  • 看護教育 支部教育活動 経過と限りない可能性を求めて / 樋口幸一 / p76~79
  • 看護教育 精神科実習にみられるコミュニケーションの特徴に関して学生が学んだこと 3年次の看護研究を通して / 奥村百合恵 / p80~86
  • 地域精神衛生 精神病院付設のデイケア運営の経験から / 府川隆・他 / p87~91
  • therapy 絵画療法(II)精神科治療の一技法として / 徳田良仁 / p92~97
  • 東京都の精神科救急医療 / 小林暉佳 / p98~102
  • アメリカの精神医療 I / 稲岡文昭 / p103~109
  • 巻頭言 / 菅本久子 / p1~1
  • 精神科看護に必要なもの / 畠中寿子 / p2~3
  • 声 / 林和助
  • 篠田八重子
  • 高岡幸子 / p110~111
  • 編集室 / S / p112~112

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 精神科看護
著作者等 日本精神科看護協会
日本精神科看護技術協会
精神看護出版
『精神科看護』編集委員会
書名ヨミ セイシンカ カンゴ
書名別名 Japanese journal of psychiatric nursing

The Japanese journal of psychiatric nursing

Seishinka kango
巻冊次 (14)
出版元 精神看護
刊行年月 1983-02
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 09105794
NCID AN00127971
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00042024
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想