臨床と薬物治療  8(7)(49)

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 15 (6) 1996.06~23 (4) (通号: 205) 2004.04;本タイトル等は最新号による;刊行頻度, 出版者, 大きさの変更あり;6巻3号 = 30号 (1987年5月)-23巻4号 = 205号 (2004年4月)

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 1.催眠剤,抗てんかん剤 / 三浦貞則
  • 竹内尚子 / p5~13
  • 塩酸リルマザホン / / p6~7
  • ジアゼパム坐剤 / / p7~8
  • ゾニサミド / / p9~10
  • ゾピクロン / / p11~12
  • ロルメタゼパム / / p12~13
  • 2.精神神経用剤 / 神庭重信
  • 八木剛平 / p15~20
  • 塩酸スルトプリド / / p16~17
  • マジンドール / / p17~18
  • マレイン酸セチプチリン / / p19~20
  • 3.消炎鎮痛剤,抗リウマチ剤 / 菅原幸子 / p23~27
  • ナブメトン / / p24~25
  • フェルビナクエチル注射剤 / / p25~26
  • ベルモプロフェン / / p27~27
  • 4.その他の神経系医薬品 / 中西孝雄 / p29~32
  • 酒石酸プロチレリン経口剤 / / p30~31
  • ドロキシドパ / / p31~32
  • 5.強心剤,昇圧剤 / 佐藤友英
  • 武士仁彦 / p35~44
  • 塩酸ドパミン製剤 / / p36~37
  • 塩酸ミドドリン / / p38~39
  • キサモテロール / / p40~41
  • ベスナリノン / / p42~43
  • メチル硫酸アメジニウム / / p43~44
  • 6.不整脈用剤 / 田辺晃久 / p47~55
  • 塩酸アプリンジン注射剤 / / p48~49
  • 塩酸ジルチアゼム注射剤 / / p49~50
  • 塩酸ピルジカイニド / / p51~52
  • 塩酸プロパフェノン / / p52~54
  • コハク酸シベンゾリン / / p54~55
  • 7.降圧剤,利尿剤 / 塩之入洋
  • 植田真一郎
  • 南澤康介 / p57~76
  • 塩酸ジレバロール / 塩之入洋
  • 植田真一郎
  • 南澤康介 / p58~59
  • 塩酸チリソロール / 塩之入洋
  • 植田真一郎
  • 南澤康介 / p60~61
  • 塩酸テラゾシン / 塩之入洋
  • 植田真一郎
  • 南澤康介 / p61~62
  • 塩酸デラプリル / 塩之入洋
  • 植田真一郎
  • 南澤康介 / p63~64
  • カドララジン / 塩之入洋
  • 植田真一郎
  • 南澤康介 / p64~65
  • 酒石酸ケタンセリン / 塩之入洋
  • 植田真一郎
  • 南澤康介 / p66~67
  • ニソルジピン / 塩之入洋
  • 植田真一郎
  • 南澤康介 / p68~69
  • ニトレンジピン / 塩之入洋
  • 植田真一郎
  • 南澤康介 / p69~71
  • メシル酸ドキサゾシン / 塩之入洋
  • 植田真一郎
  • 南澤康介 / p71~73
  • ラミプリル / 塩之入洋
  • 植田真一郎
  • 南澤康介 / p73~74
  • ニルバジピン / 厨平
  • 橋場邦武 / p75~76
  • 8.虚血性心疾患治療剤,冠血管拡張剤 / 厨平
  • 橋場邦武 / p79~89
  • 硝酸イソソルビド注射剤 / / p80~81
  • 硝酸イソソルビド噴霧剤 / / p82~83
  • ニソルジピン / / p84~85
  • ニトログリセリン貼付剤 / / p85~87
  • ニトログリセリンテープ剤 / / p87~89
  • 9.動脈硬化用剤 / 篠宮正樹
  • 齋藤康 / p91~94
  • プラバスタチンナトリウム / / p92~93
  • ベザフィブラート / / p93~94
  • 10.脳循環代謝改善剤,脳血管拡張剤 / 東儀英夫 / p95~104
  • アニラセタム / / p96~97
  • イブジラスト / / p97~98
  • 塩酸ブフロメジル / / p99~99
  • 臭酸ナフチドロフリル / / p100~101
  • テニロキサジン / / p101~102
  • ニモジピン / / p102~103
  • 硫酸トシル酸アデメチオニン / / p103~104
  • 11.末梢血管拡張剤,末梢循環改善剤 / 宮澤幸久 / p105~107
  • バトロキソビン / / p106~107
  • 12.抗凝固剤,抗血小板剤 / 松田保 / p109~118
  • アルガトロバン / / p110~111
  • エイコサペンタエン酸エチル / / p111~112
  • プラスミノーゲンアクチベーター / / p113~114
  • プラスミノーゲンアクチベーター / / p114~115
  • プロウロキナーゼ / / p115~116
  • メシル酸ナファモスタット / / p117~118
  • 13.抗アレルギー剤,呼吸器官用剤 / 戸田正夫
  • 牧野荘平 / p119~127
  • イブジラスト / / p120~121
  • 臭化オキシトロピウム / / p121~122
  • タザノラスト / / p123~124
  • ターフェナジン / / p124~125
  • トラキサノクスナトリウム / / p126~127
  • 14.消化性潰瘍剤,消化器官用剤 / 中村孝司 / p129~142
  • アルバプロスチル / / p130~131
  • 塩酸ロトラキサート / / p131~132
  • オメプラゾール / / p133~134
  • グルコン酸カリウム / / p134~135
  • シサプリド / / p135~136
  • トリモプロスチル / / p137~138
  • ニザチジン / / p138~139
  • プロアミピド / / p140~140
  • ミソプロストール / / p141~142
  • 15.肝疾患用剤 / 上村朝輝 / p145~147
  • トリトカリン / / p146~147
  • 16.ホルモン剤 / 諏訪珹三 / p149~154
  • ソマトロピン / 諏訪珹三 / p150~151
  • 酢酸ゴナドレリン / 諏訪珹三 / p151~152
  • エリスロポエチン / 松田一郎 / p153~153
  • エリスロポエチン / 松田一郎 / p154~154
  • 17.糖尿病性合併症治療剤 / 堀田饒
  • 坂本信夫 / p155~157
  • エパルレスタット / / p156~157
  • 18.骨粗鬆症治療剤 / 藤田拓男 / p159~163
  • エチドロネートナトリウム / / p160~160
  • 合成サケカルシトニン / / p161~162
  • 合成サケカルシトニン / / p162~163
  • 19.抗悪性腫瘍剤(化学療法剤) / 古江尚 / p165~174
  • アトリムスチン / / p166~167
  • 塩酸エピルビシン / / p167~169
  • カルボプラチン / / p169~170
  • 酢酸オクトレオチド / / p171~172
  • パルシタビン / / p173~174
  • 20.抗悪性腫瘍剤(BRM) / 渡辺直樹 / p175~181
  • インターフェロン-β / / p176~178
  • インターフェロン-γ / / p178~179
  • インターフェロン-γ / / p180~181
  • 21.免疫調節剤 / 松田重三 / p183~189
  • 塩酸レバミゾール / / p184~185
  • ノカルディアーCWS / / p185~186
  • マクロファージコロニー刺激因子 / / p187~188
  • ムロクタシン / / p188~189
  • 22.抗生物質,化学療法剤 / 北村正樹
  • 嶋田甚五郎 / p191~208
  • アルベカシン / / p192~193
  • 塩酸ロメフロキサシン / / p193~194
  • クラブラン酸チカルシリン / / p195~196
  • クラリスロマイシン / / p196~197
  • スルバクタム/アンピシリン / / p198~199
  • セフォジジム / / p199~200
  • セフォチアム ヘキセチル / / p201~202
  • セフポドキシム プロキセチル / / p202~204
  • トスフロキサシン / / p204~205
  • ロキシスロマイシン / / p206~207
  • ロキタマイシンドライシロップ / / p207~208
  • 23.抗真菌剤 / 森健
  • 高橋まゆみ
  • 池本秀雄 / p209~211
  • フルコナゾール / / p210~211
  • 24.抗原虫剤 / 鈴木守 / p213~215
  • イセチオン酸ペンタミジン / / p214~215
  • 25.麻酔科用剤 / 松川公一
  • 山本亨 / p217~223
  • イソフルラン / / p218~219
  • 塩酸プブレノルフィン坐剤 / / p219~221
  • セボフルラン / / p221~223
  • 26.産婦人科用剤 / 青野敏博 / p225~227
  • ゲストリノン / / p226~227
  • 27.眼科用剤 / 宮永嘉隆 / p229~237
  • アンレキサノクス点眼剤 / / p230~231
  • インターフェロン-α点眼剤 / / p231~232
  • ジクロフェナクナトリウム点眼剤 / / p232~233
  • ノルフロキサシン点眼剤 / / p234~235
  • フルルビプロフェン点眼剤 / / p236~237
  • 28.耳鼻科用剤 / 馬場駿吉 / p239~241
  • ホスホマイシン点耳剤 / / p240~241
  • 29.泌尿器科用剤 / 河邉香月 / p243~246
  • AST-120 / / p244~244
  • 塩酸プラゾシン / / p245~246
  • 30.外皮用剤 / 武田克之 / p247~249
  • ブデソニド / / p248~249
  • 一般名索引 / / p250~251
  • 商品名索引 / / p252~254

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 臨床と薬物治療
著作者等 ありい出版
ミクス
エルゼビアジャパン株式会社
書名ヨミ リンショウ ト ヤクブツ チリョウ
書名別名 Clinics & drug therapy

Rinsho to yakubutsu chiryo
巻冊次 8(7)(49)
出版元 エルゼビア・ジャパン
刊行年月 1989-10
ページ数
大きさ 29cm
ISSN 09137505
NCID AN10080433
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00056044
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想