薬史学雑誌  32(1)

日本薬史学会

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 20 (1) 1985.03~;本タイトル等は最新号による;大きさの変更あり;1巻1号~;1巻1号から19巻2号までの総目次: 20巻1号収載, 1巻からv. 38までの総目次: v. 39, no. 1収載

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 追悼 元日本薬史学会会長 木村雄四郎先生 / 滝戸道夫 / p1~2
  • 日本の薬学戦後50年史 製剤学の50年史 / 坂元//照男 / 1~9<4250425>
  • 地方の薬史--北陸の薬史--明治期金沢における新興薬舗主の軌跡(第2報)笠商人から薬舗主へ / 徳久//和夫 / 10~17<4250426>
  • Employment of Opium and Its Alkaloids in European,Especially Polish,Therapeutics(19-20th Century)and the Consequences of Abuse of Narcotic Analgesics / Iwona@@Arabas / 18~25<4250427>
  • 江戸中期の採薬記にみられる木曽の薬用植物について / 後藤//尚夫
  • 山口//茂治
  • 田中//俊弘 / 26~32<4250428>
  • クロロホルム麻酔について / 宮崎//正夫 / 33~37<4250429>
  • 18世紀以降なぜ「ビリリ」が長崎に渡来しなくなったのか?(第1報)中井厚沢の『ビリリ考』と神聖苦味薬 / 大橋//清信 / 38~47<4250430>
  • 伊吹山とモグサについて / 織田//隆三 / 48~56<4250431>
  • 18世紀以降なぜ「ビリリ」が長崎に渡来しなくなったのか?(第2報)アロエの歴史と甘汞の出現 / 大橋//清信 / 57~68<4250432>
  • 日葡辞書に見られる薬種と薬剤(2) / 杉山//茂 / 69~70<4250433>
  • 日本のIG医薬品部(バイエル・マイステル・ルチウス薬品合名会社)を構成した人と製品のル-ツ / 古池//達夫 / 71~75<4250434>
  • 薬学校(Pharmazieschulen) J.Moller編:総合薬学百科辞典(1908)より / 都倉//裕二 / 76~81<4250435>
  • モダニスト芸術と薬局 / A.M.@@Carmona-Cornet
  • 高橋//文 / 82~87<4250436>
  • 近代臨床薬剤師の職業化の歴史 / 辰野//美紀 / 88~92<4250437>
  • 雑録 名誉会員追悼 / 山田光男
  • 井上哲男 / p93~94
  • 雑録 会務報告 / 川瀬清 / p95~99

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 薬史学雑誌
著作者等 日本薬史学会
書名ヨミ ヤクシガク ザッシ
書名別名 The Japanese journal of history of pharmacy

The Japanese journal for history of pharmacy

Yakushigaku zasshi
巻冊次 32(1)
出版元 日本薬史学会
刊行年月 1997-06
ページ数
大きさ 30cm
ISSN 02852314
NCID AN00241773
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00035604
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想