民医連医療  (214)

全日本民主医療機関連合会

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 (通号: 232) 1999.05~;本タイトル等は最新号による;[ ]~;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 90年代の民医連の医療活動 医療活動委員長会議への問題提起が語るもの / 編集部 / ~65
  • 座談会 都道府県連医活委員長会議への問題提起をどうとらえるか / 青柳晶彦
  • 芳賀輝雄
  • 大山美宏
  • 長瀬文雄 / p8~25
  • 90年代の医療活動 その課題と方向 / 森谷尚行 / p26~31
  • 民主的集団医療の現状を問う / 大野穣一 / p32~35
  • 90年代は診療所群の形成が課題 / 伊藤淳 / p36~39
  • 疾病構造の変化ともとめられる医療活動 / 村口至 / p40~53
  • 問題提起を読んで 診療所群の建設と病診の技術連携が緊急課題 / 林俊一 / p54~55
  • 問題提起を読んで 全体として賛同 性急さが目立つ点も / 中谷敏太郎 / p56~57
  • 問題提起を読んで 70年代の医療活動を多岐にわたり分析 / 武村義人 / p58~59
  • 問題提起を読んで 民医連の役割・前進にロマンをみいだす / 高瀬和成 / p59~60
  • 問題提起を読んで 90年代の民医連の発展をより強化なものに / 清水巍 / p60~61
  • 問題提起を読んで 百床規模の院所は従来の枠をこえた展開が必要 / 山西行造 / p62~63
  • 問題提起を読んで 患者と医療従事者が一緒に医療活動を進める / 高藤美和子 / p63~64
  • 問題提起を読んで 各院所で医療活動をどう具体化するかが課題 / 近藤由岐子 / p64~65
  • 医療法制の変遷と「第二次医療法改定」案の焦点 / 西岡幸泰 / p71~76
  • 必に残った患者さん / 高次真理 / p68~
  • 県連・法人の看護婦教育 / 山口つぎ / p77~79
  • わだいのひと / 後藤はるみ / p67~67
  • 歯科のページ・歯科医師過剰論を考える / 南條芳久 / p80~83
  • 随筆 / 菊地頌子 / p2~2
  • グラビア 東京・東葛病院を支援する医師たち / / p3~
  • 閲覧室 / / p66~66
  • 読者のひろば / 菅義信
  • 工藤克己
  • 加茂京子
  • 藤野ひろえ / p70~70
  • 編集部から / 高橋
  • 伊藤
  • 宮崎
  • 境 / p86~86

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 民医連医療
著作者等 全日本民主医療機関連合会
書名ヨミ ミンイレン イリョウ
書名別名 Min'iren iryo
巻冊次 (214)
出版元 全日本民主医療機関連合会
刊行年月 1990-05
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 02852241
NCID AN0023657X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00035359
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想