民医連医療  (179)

全日本民主医療機関連合会

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 (通号: 232) 1999.05~;本タイトル等は最新号による;[ ]~;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 地域医療と青年医師 住民の願いに応え 診療所医療に情熱をかける 鹿児島・徳之島診療所杉原雄治医師 / 黒岩洋人
  • 熊副穣 / p2~7
  • 地域住民とともに 友の会会員に学び青年医師の生きがいつかむ / 高橋武 / p8~11
  • 地域住民とともに 友の会会員に学び青年医師の生きがいつかむ / 槻久雄
  • 小林春己 / p12~13
  • 民医連と出会って / 天谷静雄
  • 土村まどか
  • 小崎哲
  • 池上淳
  • 大野健次
  • 小松正歳
  • 中村三千人
  • 山岡伊智子
  • 永沼久夫
  • 荒木重夫
  • 原克之
  • 山下恭典
  • 桜井光世
  • 川村雅之
  • 柄沢正人
  • 皆木真一
  • 内沢正英
  • 森英一
  • 阿南亨子
  • 上捨石秀一
  • 馬場洋明
  • 横山隆
  • 高柳滋治
  • 沼田信明
  • 鈴木裕彦
  • 高岡克寿
  • 影山浩
  • 佐藤宏
  • 長谷康二
  • 藤田文博
  • 古瀬俊一郎
  • 矢島昭彦
  • 中島幸裕
  • 荒木誠
  • 沢岡孝幸 / p14~24
  • インタビュー 民医連医師集団のめざすもの / 千葉周伸
  • 山本一視 / p26~32
  • 医師の卒後研修の現状と問題点 / 阿部稔雄 / p34~36
  • 卒後研修についての民医連の考え方 / 石川徹 / p38~40
  • 基礎研修医日誌 / 水嶋潔
  • 室生卓 / p41~43
  • いま、看学生は 「老人問題」の総合実習から / 今村直子 / p45~47
  • 授業は、寮は、将来は / 編集部 / p48~49
  • TALK TO TALK 看護婦として女性として / 藤原美香
  • 可知佳代子 / p50~53
  • 私の出会った患者さん / 渡辺直子
  • 前嶋千恵子
  • 堀毛美智代 / p54~59
  • フリートーキング ともに築こう民医連の歯科医療を / 池亀雅志
  • 菅野保
  • 近藤恵子
  • 杉田哲也 / p61~65
  • 医療情勢のポイント 医療法 / 小西敏勝 / p69~69
  • 医療情勢のポイント 老人保健施設 / 渡辺久美子 / p70~70
  • 医療情勢のポイント 国立病院統廃合・民間移譲 / 神牧人 / p71~71
  • 医療情勢のポイント 国民健康保険 / 田畑覚 / p72~72
  • 医療情勢のポイント 生活保護 / 馬渡健一 / p73~73
  • 医療情勢のポイント 「医師過剰論」と日本の現実 / 塩谷健俊 / p74~75
  • 医療情勢のポイント 病院の新・増築ラッシュと看護婦情勢 / 大越宏樹 / p76~77
  • 医療情勢のポイント 看護政策 / 花木かよ子 / p78~78
  • 民医連綱領と私 / 貝森冨士子
  • 草島健二
  • 八田厚子
  • 武内一
  • 北原賢二
  • 遠藤豊
  • 河野文朗
  • 神谷和子 / p79~82
  • 民医連綱領の解説 / / p83~88
  • 医療関連法規10問 / / p33~33
  • BOOKSわたしのこの1冊 / 岡本千鶴子
  • 小林秀雄
  • 野村千夏 / p60~60
  • 全国に広がる民医連の医療 / / p66~67
  • ブックフェアー / 全日本民医連機関紙出版部 / p90~91
  • 読者のひろば / 高木幸夫
  • 赤塚堯
  • 須郷勇
  • 宮川洋子
  • 野呂つや子 / p89~89
  • 編集部から / 小林
  • 小坂
  • 高橋 / p92~92

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 民医連医療
著作者等 全日本民主医療機関連合会
書名ヨミ ミンイレン イリョウ
巻冊次 (179)
出版元 全日本民主医療機関連合会
刊行年月 1987-06
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 02852241
NCID AN0023657X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00035359
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想