月刊ナーシング = Nursing  5(12)(60)

国立国会図書館雑誌記事索引 21 (1) (通号: 257) 2001.01~;本タイトル等は最新号による;並列タイトル変遷: The Japanese journal of nursing (1巻1号-8巻13号)→ The Japanese journal of nursing, Nursing (9巻1号-15巻6号);1巻1号 = 1号 (1981年4月)-;1巻1号から29巻11号までの出版者: 学習研究社;29巻12号から35巻11号までの頒布者: 学研マーケティング

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 "死"そして死にゆく人々のいのちへのケア〔I〕 / p1709~1801
  • フォトグラフ 老いのさなか,裸の"いのち"がキラキラとしてそこにあった カメラがとらえた"いのちの肖像" / 田邊順一 / p1710~1718
  • 特別対談 いのちを与えるケアを語る サナトロジーこそ"人間として考える"スターティング・ポイント / 日野原重明
  • 曽野綾子 / p1720~1727
  • 眠りたい子は静かにねむれ 「尊厳死」に対する私的考察 / 澤野久雄 / p1728~1733
  • 死にゆく人の"心"を探る ロスの心理モデルによる岸本英夫の"死の心理過程"へのアプローチ / 河野友信 / p1734~1739
  • 末期患者の生を支える"より添うケア"とは 死にゆく人の激闘を最期まで支え続けたIさん一家に学ぶもの / 藤本芳子 / p1740~1746
  • クリニカル・レポート 「1」病名告知に対する患者の反応から末期癌患者との"かかわり"を再考する "真実"を媒介にいかにして信頼関係を築くか / 小林重美 / p1748~1751
  • 癌告知を受けて死んで逝った夫の看とりを振り返って / 雨宮淑子 / p1752~1753
  • 癌告知 その条件と展望 / 永田勝太郎 / p1754~1756
  • クリニカル・レポート 「2」チーム・アプローチによるターミナル・ケア ある米人肺癌患者の診療録を通し,チーム・アプローチの効用と看護の役割を考える / 井部俊子 / p1759~1763
  • クリニカル・レポート 「3」宗教家としてターミナル・ケアにどうかかわったか Kさんとの出会いを通してその機能と効用を考える / 斎藤晃道 / p1764~1769
  • 患者の宗教的ニードをいかに察知し対応したか / 水口公信 / p1766~1769
  • クリニカル・レポート 「4」真実を知りながら,最期まで闘病意欲をもち続けた悪性腫瘍患児のケア 死にゆく子供にいかにして"安らぎ"を与えるか / 大坪直美
  • 安田静香
  • 久富瑞穂
  • 雲井加代子 / p1770~1776
  • キューブラー・ロスは"子供の死"をどうみているか ロス第8の著『新・死ぬ瞬間』を読み解く / 鈴木敦子 / p1772~1775
  • クリニカル・レポート 「5」肺転移による激しい呼吸困難のなかで死を受容していった乳癌末期患者のケア いかにして"その人らしさ"により添うか / 田中公子
  • 伊藤静子 / p1777~1783
  • クリニカル・レポート 「6」苦痛のなかで最期まで"自分らしさ"を保ち続けた肺癌末期患者のケア 患者の"生き方"のなかからいかにその人独自のニードをキャッチするか / 江木さよ子 / p1784~1790
  • ソーシャルワーカーとして"ともにいること"をいかに支えたか 両親の離婚という状況下で死んでいった小児癌患者へのかかわりを通して / 鶴田光子 / p1792~1799
  • "死"のなにが私を恐れさせたか / 後藤美基 / p1800~1801
  • 寛解期白血病患者のケアを通して看護の"継続性"を考える (1) / 柴田弘子
  • 篠原浩美
  • 花田妙子
  • 松田明子 / p1802~1804
  • ナーシング・セミナー 事例(素材)との"対話"的共感をグループで学ぶ自己啓発研修の試み -1 いまなぜ「自己啓発研修」なのか
  • 立場性を越えた"あたりまえ"の発想からトータルな視点の共有へ / 丸地信弘 / p1805~1812
  • ベッドサイド・ケアを再考する "疾患をもつ患者"によくみられる問題状況とデイリー・ケアの展開 (3) 食道癌患者術前・術後の呼吸面の問題状況から / 岡田八千恵
  • 松田明子 / p1813~1819
  • ベッドサイドを科学する -14 青菜に塩の原理は"浸透圧"にあり! / 平田雅子 / p1820~1825
  • ナーシング・エリア 人間のいる風景 ・その21 どこかで眼をさまさなければ…!-「小沢夫婦の心中悲劇」が教える1億総中流幻想の"中身" / 藤原作弥 / p1826~1827
  • 巻末連載 ベッドサイドのリハビリテーション ADLからQOLへ 動きに障害をもつ患者のQOL向上のために (4) 歩けない患者の看護 / 江藤文夫 / 巻末No.1~16
  • 9月号・10月号案内 / p1763~1763
  • 12月号予告・編集室 / 中村 / p1828~1828

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 月刊ナーシング = Nursing
著作者等 学研メディカル秀潤社
学習研究社
書名ヨミ ゲッカン ナーシング = Nursing
書名別名 The Japanese journal of nursing

Nursing

Gekkan nashingu
巻冊次 5(12)(60)
出版元 学研プラス
学研メディカル秀潤社
刊行年月 1985-11
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03898326
NCID AN00357348
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00035099
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想