月刊民放  15(12)(174)

日本民間放送連盟

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 26 (6) 1996.06~;本タイトル等は最新号による;[1巻1号通巻1号]~;総合索引1巻1号通巻1号 (1971年6月) ~27巻3号通巻309号 (1997年3月) : 「月刊民放総合索引」 日本民間放送連盟編集部刊

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • ずいひつ / 伊藤格
  • 林田作之進
  • 中本公 / p4~5
  • 特集 これからの民放報道 / / p6~21
  • 民放大会・記念シンポジウムから 放送ジャーナリズム構築へ、積極的対応を / 大森幸男 / p6~21
  • 「地域文化の温存」に民放の存立基盤が 衛星放送時代を踏まえた報道 / 川竹和夫 / p6~8
  • 地域の言論機関として体制強化に努力 地域報道への提言 / 国枝忠雄 / p8~10
  • "共同討議"が放送文化に寄与する時代 テレビ文化と報道活動 / 堤清二 / p10~11
  • 魅力あるテレビへ、世論喚起の姿勢を 民放報道への期待 / 藤村志保 / p11~21
  • ドキュメンタリーわが視点 (20) 度量と個性を超え「語りたい一行」を映像化 / 内山洋道 / p38~41
  • 著作権処理ルール確立へ、理解・協力を ニューメディア普及と著作権問題 / 矢澤章二 / p22~25
  • 民放界この一年-一九八五 放送行政 放送倫理 テレビ番組 ラジオ番組 視聴者動向 / / p27~37
  • 報道の眼 再考したい「報道する側」の姿勢 「甲山学園園児殺害事件」判決公判 / 青山宏充 / p26~26
  • 新局登場 エフエム山口/横浜エフエム放送 / / p24~24
  • 放送倫理情報 『アフタヌーンショー』"やらせ"事件の反省 "個人の自覚"と"節度ある取材"を / 酒井昭 / p42~43
  • 放送倫理情報 番組審議会ハイライト 必要な、"思いやり"ある事故報道 / 民放連番組部 / p44~45
  • 放送倫理情報 番組審議会議題一覧 60年8月 / / p45~45
  • らいぶらりい / 伊豫田康弘
  • 汀邦彦 / p46~47
  • 「月刊民放」総目次 60年1月~12月号 / / p48~49
  • 放送日誌(60年9月) / / p50~50

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 月刊民放
著作者等 日本民間放送連盟
書名ヨミ ゲッカン ミンポウ
書名別名 Gekkan minpo
巻冊次 15(12)(174)
出版元 コーケン
刊行年月 1985-12
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03873811
NCID AN0011217X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00032232
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想