漢方研究 = Progress in kampo medicine  (252)

国立国会図書館雑誌記事索引 (通号: 328) 1999.04~;本タイトル等は最新号による;469号以降の並列タイトル: Progress in kampo medicine;37号から300号までのタイトル関連情報: 評論・研究・解説;37号 (1975年1月)-;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 「九味檳榔湯」再論 / 松橋俊夫 / p394~396
  • 治験報告 九味檳榔湯を用いた経験 / 熊谷進 / p397~398
  • 症例Abstract 九味檳榔湯が有効であった夏バテの1例 / 板阪和雅 / p399~399
  • 症例Abstract 九味檳榔湯の1症例 / 佐々木眞也 / p400~401
  • 症例Abstract 黄連解毒湯,桔梗石膏により軽快したアトピー性皮膚炎 / 雪村八一郎 / p401~401
  • 症例Abstract うつ病を改善した三黄瀉心湯の-症例 / 熊坂丹 / p402~402
  • 尾台榕堂にひもとく漢方精神医学 ~その5 柴胡加龍骨牡蠣湯 / 松橋俊夫 / p403~407
  • 近代漢方入門 ~各論篇 第二十四講 / 遠田裕政 / p408~417
  • 翻訳 病気を治す食品(6)~2・薬になる野菜<「家庭中医顧問」第3章から> / 馬有度
  • 滝川巌 / p418~420
  • 学術論文メモ 感冒・気管支炎に麻黄附子細辛湯カプセル・加地正郎氏らが「臨床と研究」に臨床報告 / p420~420
  • 予告 東洋医学国際研究財団主催・第2回日中韓三国学術シンポジュウム / p417~417
  • 新刊紹介 劉渡舟著,勝田正泰監訳「中国傷寒論解説[続篇]」 / p399~399
  • 新刊紹介 東静漢方研究会編「実践漢方治療」 / p421~421
  • 訃報 矢野敏夫氏(日本東洋医学会名誉会員) / p422~422
  • 編集後記 / p421~421
  • 1992年漢方研究INDEX / p423~428

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 漢方研究 = Progress in kampo medicine
著作者等 小太郎漢方製薬株式会社
書名ヨミ カンポウ ケンキュウ = Progress in kampo medicine
書名別名 評論・研究・解説

Progress in kampo medicine

Kanpo kenkyu
巻冊次 (252)
出版元 月刊漢方研究
刊行年月 1992-12
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03856526
NCID AN00048569
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00030027
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想