月刊放送ジャーナル  7(3)(67)

放送ジャーナル社 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 29 (4) (通号: 311) 1999.05~;本タイトル等は最新号による;改題注記 : 「メディアjournal」の改題, 巻次を継承

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 テイクオフ多重放送 / 編集部 / p7~12,14~50,52~53,55~60
  • 時局インタビュー 多重放送の送り手と端末 (その1) 国家的見地から一日も早く実施を! 無資源日本には科学技術以外の資源はなし / 小林与三次 / p8~12
  • 時局インタビュー 多重放送の送り手と端末 (その2) 衆議尽して早く文字放送の統一基準を! 電子機械工業会,多重放送について大いに語る / 岡修一郎
  • 山本徳太郎
  • 久野古夫
  • 石田邦雄
  • 安藤 / p14~19
  • 多重放送調査研究会の報告書はどのように読まれたか その問題点の所在を探る / 編集部 / p26~40
  • PART・1 報告書の要旨とそのポイント / / p26~27
  • PART・2 もっとも重視された第3者免許とマスコミ独占論 / 安藤 / p28~30
  • PART・3 各界専門家30名からの意見と提言 / 内海亮
  • 斉藤実
  • 今井晶三
  • 勝部克己
  • 田辺純一
  • 高梨実
  • 小林秀郎
  • 大島伸介
  • 来島信雄
  • 藤村雄太郎
  • 乗松啓
  • 福田敏之
  • 筒井良昭
  • 野瀬康矩
  • 下村洋
  • 宮前信一
  • 町田俊介
  • 道正喜一
  • 菊地徳造
  • 鍵山泰三
  • 斉藤多美松
  • 米沢隆
  • 村田成司
  • 磯文雄
  • 滑川龍男
  • 大田晃
  • 大高淳
  • 藤本亨
  • 竹下彊一
  • 深川秀稔 / p31~40
  • 民放の立場からみた多重放送 親亀の背の子亀論といわれるが / 金子晋 / p20~25
  • ステレオ・2カ国語放送に設備費はどれほど必要か / 日田一郎 / p41~43
  • 多重放送の第3者開放より電波の適正配分を / 仲本正晴 / p44~47
  • 多重放送をめぐる各界の反響 駈け歩記 / 安藤龍夫 / p56~60
  • 多摩CCIS実験に新たなサービス項目 メモコピーサービスと親子テレビサービスの概要 / 伊世憲造 / p48~49
  • グラビア 地元のためのCATV局へ/多摩CCIS開局1周年 / S / p52~
  • 変貌する世界のメディア (8) 大衆化路線に乗るコンピュータ / 片方善治 / p62~65
  • CATV北から南から「わが町わがテレビ」 / / p55~55
  • 劇場用映画もビデオ制作で/VからFへの新たな転写技術 東通,ITI社と業務提携でECGシステム / / p50~50
  • DDB&DIK′77国際広告セミナー デイリー会長,レブソン副会長"DDB哲学"を大いに語る / / p66~67
  • MONTHRY MEMO / / p61~61
  • 行政時報 / / p68~69
  • ビデオ時評 / / p70~71
  • 編集局 / / p72~72

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 月刊放送ジャーナル
著作者等 放送ジャーナル社
書名ヨミ ゲッカン ホウソウ ジャーナル
書名別名 月刊

放送ジャーナル

Gekkan hoso janaru
巻冊次 7(3)(67)
出版元 放送ジャーナル社
刊行年月 1977-03
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03853810
NCID AN00074183
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00029544
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想