月刊放送ジャーナル  17(2)(177)

放送ジャーナル社 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 29 (4) (通号: 311) 1999.05~;本タイトル等は最新号による;改題注記 : 「メディアjournal」の改題, 巻次を継承

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 東京第2FM新会社骨格作り始まる クループ化第一陣に文書意見求める / A / p18~18
  • 売上税は民放界へどう影響するのか 民放連、全力をあげて対策へ / N / p19~19
  • 番供事業への財投融資・圧縮記帳等 62年度CATV普及促進の環境整備 / S / p20~20
  • プロ用VTR並みの高画質を再現 登場楽しみなS-VHS / Y / p21~21
  • 特集I 日本ポストプロダクション協会発足 / / p26~31
  • 時局インタビュー(1) ポストプロ協会設立の主旨と将来の展望 / 金子孝 / p26~27
  • 時局インタビュー(2) ポストプロ協会発足までの経緯と今後の活動 / 橋本鈜一 / p28~31,33~37,39~39
  • 日本ポストプロダクション協会の現状 / 編集部 / p30~31
  • 特集II ポストプロのMA設備′87 / / p33~37,39~56
  • ポストプロ技術者座談会 人材育成とデジタル化への対応が急務 ポストプロ業界の今後の課題 / 相原健行
  • 冨沢初
  • 成瀬三喜夫
  • 大谷幸光
  • 染矢清和 / p33~37
  • ポストプロのMAシステムの現状と課題 放送局・ポストプロ65社102システム / 編集部 / p39~39
  • 本誌調査 ポストプロ・放送局のMA編集室主要設備一覧 音声調整卓・シンクロナイザー・VTR・SE機器等 / / p40~56
  • 株式会社エフエムラジオ新潟予備免許 昭和60年トップ予免、今年内の開局目標 / 偏集部 / p64~65
  • 昭和61年度通信白書の概要 放送とCATVを中心に / / p66~70
  • グラビア ソニーPCL、HDVS専用収録車完成 収録から編集、展示まで一貫業務が可能に / / p60~
  • CATVルポ 山陰ケーブルビジョン(株)開局 山陰地区CATV自主放送局第1号 / 編集部 / p72~74
  • 年末年始特番評価・独自の編成へ要望大 《本誌調査》CATV局の衛星放送受信状況 / 編集部
  • S / p76~77
  • 変貌する世界のメディア (106) 西ドイツにおけるテレビ電話の開発 / 片方善治 / p78~81
  • 郵政省宇宙通信開発協会発足 ETS-VI次ぐ大型実用衛星開発 / A / p71~71
  • FM放送調査情報 多重放送の早期実現を全民放FM社長連名で要望書 / A / p86~86
  • CATV北から南から「わが町わがテレビ」 / / p82~85
  • フォト・トピックス / / p4~
  • ニュース・スポット / / p22~25
  • MONTHLY MEMO / / p87~87
  • ビデオ・トピックス / / p88~89
  • 新製品紹介 / / p90~91
  • 編集局 / 矢 / p92~92
  • 既刊案内 / / p93~93

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 月刊放送ジャーナル
著作者等 放送ジャーナル社
書名ヨミ ゲッカン ホウソウ ジャーナル
書名別名 月刊

放送ジャーナル

Gekkan hoso janaru
巻冊次 17(2)(177)
出版元 放送ジャーナル社
刊行年月 1987-03
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03853810
NCID AN00074183
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00029544
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想