リハビリテイション心理学研究  14

心理リハビリティション研究所 [編集]

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 (通号: 22・23) 1996.03~;本タイトル等は最新号による;別冊とも;出版地の変更あり;出版者変遷: 心理リハビリテイション研究所 (-11巻);1巻~30巻(2002),31巻1号(2003)~

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 動作法のための理論的考察 / 成瀬悟策 / p1~17
  • 重度脳性まひ児に対する入力法の開発に関する序報 / 星野公夫 / p19~25
  • 自閉症児・多動児に対する動作法適用の効果 / 山下功 / p27~39
  • 自閉・多動児への動作訓練 / 針塚進 / p41~52
  • 分裂病者の動作訓練 / 鶴光代 / p53~61
  • ダウン症児の動作訓練 / 田中新正 / p63~71
  • 重度障害児に対する動作訓練の効果--一見目立った変化がないようにみえる子どもの事例 / 二宮昭 / p73~83
  • 慢性緊張の制御におけるバイオフィードバック動作訓練--気付きのステップ・セオリー / 大野博之 / p85~93
  • 脳性マヒ児のバイオフィードバックに関する基礎的研究--EMGと関節角度の関係について / 田嶌誠一 / p95~104
  • 重度精神遅滞児に対する動作訓練とその効果 / 藤田継道・緒方登士雄 / p105~110
  • 動作訓練のシミュレーション--自己弛緩過程の検討 / 大神英裕 / p111~119

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 リハビリテイション心理学研究
著作者等 心理リハビリティション研究所
心理リハビリテイション研究所
日本リハビリテイション心理学会
日本リハビリテイション心理学会編集委員会
書名ヨミ リハビリテイション シンリガク ケンキュウ
書名別名 The journal of rehabilitation psychology
巻冊次 14
出版元 日本リハビリテイション心理学会
刊行年月 1986-03
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03895599
NCID AN00250242
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00028077
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想