リハビリテイション心理学研究  11

心理リハビリティション研究所 [編集]

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 (通号: 22・23) 1996.03~;本タイトル等は最新号による;別冊とも;出版地の変更あり;出版者変遷: 心理リハビリテイション研究所 (-11巻);1巻~30巻(2002),31巻1号(2003)~

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 脳性マヒ児のための母親トレーナーのトレーニングについて / 田中新正 / p1~13
  • 精神薄弱児における発達障害としての伸張反射 / 冨永良喜 / p15~25
  • 母親による観察記録の分析に関する探索的研究--Low IQ Autismの事例について / 久田信行 / p27~41
  • 精神遅滞児における姿勢制御の研究 / 山中寛 / p43~50
  • トレース課題における視覚的情報と動作制御--健常児と脳性マヒ児の比較 / 大竹弘子 / p51~56
  • 成瀬(動作)理論の基本的概念をめぐる一考察 / 長野剛 / p57~64
  • ドットパターン構成行動の発達的研究 / 中村信恵 / p65~73
  • 昭和57年度心理リハビリテイションの会報告 / / p75~94
  • 1.第8回心理リハビリテイションの会大会 / 東清子 / p75~77
  • 2.講演「心理リハビリテイションと私」 / 小西正三 / p77~78
  • 3.パネルディスカッション「障害児のための教育と福祉の連携について」 パネルディスカッションの概要 / 林茂男 / p79~80
  • 4.実技指導(1) / 入江建次 / p80~80
  • 実技指導(2) / 針塚進 / p81~82
  • 5.各分科会要約報告 / / p82~87
  • (1)「養護・訓練」第1分科会 / 深野佳和 / p82~83
  • (2)「親の会I」第2分科会 / 野口宗雄 / p83~84
  • (3)「親の会II」第3分科会 / 山本昌央 / p84~85
  • (4)「動作訓練法I」第4分科会 / 宮田敬一 / p85~86
  • (5)「動作訓練法II」第5分科会 / 丸山千秋 / p86~87
  • 6.全体会報告 / 安中康子 / p87~88
  • 7.研究発表 / / p88~94
  • (1)脳性まひ児の立位から歩行まで / 河野文光 / p88~91
  • (2)兵庫県における訓練の現況 / 瀬田悟 / p91~93
  • (3)「広島キャンプそのありのまま」 / 吉岡和美 / p93~94

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 リハビリテイション心理学研究
著作者等 心理リハビリティション研究所
心理リハビリテイション研究所
日本リハビリテイション心理学会
日本リハビリテイション心理学会編集委員会
書名ヨミ リハビリテイション シンリガク ケンキュウ
書名別名 The journal of rehabilitation psychology
巻冊次 11
出版元 日本リハビリテイション心理学会
刊行年月 1983-04
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03895599
NCID AN00250242
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00028077
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想