臨床免疫  34(5)(365)

臨床免疫編集委員会

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 1 (3) 1969.08~45 (6) (通号: 432) 2006.06;本タイトル等は最新号による;編者: 1巻1号~3巻7号 (昭和46年) 臨床免疫研究会 出版者: 1巻1号~5巻11号 (昭和48年11月) 東京医学社 刊行頻度: 変更あり 特別増刊号とも;1巻1号(昭和44年2月)~10巻12号(Dec. 1978),11巻1号通巻103号(Jan. 1979)~45巻6号通巻432号(June 2006);総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集I 樹状細胞・マクロファージの機能修飾 / / p567~610
  • IL-10,UV-B処理樹状細胞によるT細胞アネルギー誘導 / 高橋益廣,ほか / p567~577
  • 樹状細胞に対するシクロスポリンの効果 / 田嶋健一郎,ほか / p578~583
  • 脂肪細胞の産生するadiponectinとマクロファージ機能 / 横田貴史 / p584~590
  • 樹状細胞に対するTNF-αとIL-10との作用の相違とシグナル伝達 / 佐藤克明,ほか / p591~598
  • TGF-βとマクロファージ機能 / 竹内大 / p599~604
  • 酸化LDLとマクロファージ機能 / 太幡敬洋,ほか / p605~610
  • 特集II 細胞シグナル伝達分子に関する最近の進歩 / / p611~638
  • 末梢T細胞集団の恒常性を維持する機構-AML1転写因子の役割 / 林啓太朗,ほか / p611~616
  • 免疫細胞活性化に関与するアダプター分子 / 渡邊裕美,ほか / p617~626
  • CD72によるB細胞抗原受容体シグナル伝達制御機構 / 安達貴弘 / p627~631
  • サイトカイン,抗原受容体シグナル伝達におけるGabファミリー分子の役割 / 西田圭吾,ほか / p632~638
  • 免疫グロブリン遺伝子V(D)J再編成の機構 / 水田//龍信 / 639~647<5580456>
  • リンパ組織形成とケモカイン / 垣内//史堂
  • 中野//英樹 / 648~655<5580473>
  • 自己抗原の発現量と免疫学的寛容 / 川畑仁人,ほか / p656~659
  • 実験的自己免疫性脳脊髄の交感神軽系による制御 / 田平武 / p660~664
  • 可溶性CTLA-4による免疫抑制 / 竹馬俊介,ほか / p665~670
  • 自己免疫リンパ球増殖症候群とcaspase-10遺伝子異常 / 笠原善仁,ほか / p671~676
  • CD40シグナル伝達におけるKuタンパクの役割 / 森尾友宏 / p677~681
  • 小児期早期における抗原曝露とT細胞応答性の修飾 / 藪原明彦 / p682~692
  • IgEの産生制御とIL-12とIL-2レセプター / 近藤直実 / p693~700
  • CD46はヒトヘルペスウイルス6(HHV-6)のreceptorなのか? / 伊勢川裕二 / p701~707
  • B細胞への方向付けは転写因子Pax5に依存する / 平林泰彦 / p708~711
  • アダプター分子Cbl-b欠損マウスにおける自己免疫異常 / 新井文子,ほか / p712~716
  • 自己免疫性溶血性貧血の自己抗原 / 亀崎豊実,ほか / p717~723
  • B-1細胞への分化とBCRシグナル / 渡部則彦 / p724~729
  • NF-κB欠損マウスと大理石骨病 / 宇田川信之,ほか / p730~736
  • 次号予告 / / 号末
  • バックナンバー / / 号末
  • 投稿規定 / / 号末

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 臨床免疫
著作者等 東京医学社
科学評論社
臨床免疫研究会
臨床免疫編集委員会
書名ヨミ リンショウ メンエキ
書名別名 Clinical immunology

Rinsho men'eki
巻冊次 34(5)(365)
出版元 科学評論社
刊行年月 2000-11
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03869695
NCID AN00132100
AN00254017
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00024486
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想