臨床免疫  31(4)(346)

臨床免疫編集委員会

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 1 (3) 1969.08~45 (6) (通号: 432) 2006.06;本タイトル等は最新号による;編者: 1巻1号~3巻7号 (昭和46年) 臨床免疫研究会 出版者: 1巻1号~5巻11号 (昭和48年11月) 東京医学社 刊行頻度: 変更あり 特別増刊号とも;1巻1号(昭和44年2月)~10巻12号(Dec. 1978),11巻1号通巻103号(Jan. 1979)~45巻6号通巻432号(June 2006);総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集I 炎症とその関与分子 / / p381~415
  • 炎症とCOX-2 / 佐野統 / p381~389
  • プロスタノイド受容体欠損マウスを用いたプロスタノイドの生理機能の解析 / 小林拓也,ほか / p390~397
  • アナフィラキシー反応と細胞質型ホスホリパーゼA₂ / 魚住尚紀 / p398~402
  • アデノシンの抗炎症作用 / 北風政史,ほか / p403~409
  • コラーゲン関節炎とIFN-γレセプター / 影山康徳,ほか / p410~415
  • 特集II インターフェロン研究の最近の進歩 / / p416~450
  • ウイルス感染によって活性化されるシグナル伝達機構 / 藤田尚志 / p416~423
  • JAK結合分子JABを介するインターフェロンシグナル抑制機構 / 坂本比呂志,ほか / p424~430
  • IFNの抗ウイルス作用とアポトーシス / 吉田逸朗 / p431~437
  • IFNによるアポトーシス誘導に関与するPKR遺伝子の構造・機能・発現調節 / 田中英夫 / p438~443
  • IFNノックアウトマウスを用いたピロリ菌感染成立機構の解析 / 中根明夫 / p444~450
  • 粘膜免疫における新しいアジュバント / 高橋//一郎
  • 清野//宏
  • 由良//守 / 451~457<4690942>
  • ぶどう膜炎の分子機構 / 望月//学 / 458~463<4690944>
  • キラーT細胞から産生される殺菌物質Granulysin / 長岡功,ほか / p464~470
  • JAK1欠損マウスにおけるサイトカインシグナル伝達異常 / 山本晃 / p471~476
  • 移植骨髄細胞のUV照射によるGVH病の予防 / 東寛,ほか / p477~483
  • インテグリンとFcレセプターのクロストーク / 高野邦子,ほか / p484~488
  • CTLA-4(CD152)からのシグナル / 瀬戸口るり,ほか / p489~496
  • TNF-αによるアポトーシス誘導シグナル / 井山諭,ほか / p497~500
  • 白血球機能とNO / 直川匡晴 / p501~505
  • IL-4レセプターα鎖の遺伝的多型とアトピー / 光安廣倫,ほか / p506~512
  • 次号予告 / / 号末
  • バックナンバー / / 号末
  • 投稿規定 / / 号末

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 臨床免疫
著作者等 東京医学社
科学評論社
臨床免疫研究会
臨床免疫編集委員会
書名ヨミ リンショウ メンエキ
書名別名 Clinical immunology

Rinsho men'eki
巻冊次 31(4)(346)
出版元 科学評論社
刊行年月 1999-04
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03869695
NCID AN00132100
AN00254017
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00024486
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想