臨床免疫  29(10)(328)

臨床免疫編集委員会

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 1 (3) 1969.08~45 (6) (通号: 432) 2006.06;本タイトル等は最新号による;編者: 1巻1号~3巻7号 (昭和46年) 臨床免疫研究会 出版者: 1巻1号~5巻11号 (昭和48年11月) 東京医学社 刊行頻度: 変更あり 特別増刊号とも;1巻1号(昭和44年2月)~10巻12号(Dec. 1978),11巻1号通巻103号(Jan. 1979)~45巻6号通巻432号(June 2006);総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集I 自己免疫性神経疾患 / / p1185~1231
  • Guillain-Barré症候群の発症機序--抗ガングリオシド抗体の役割 / 田川由美 / p1185~1190
  • 運動ニューロン疾患と自己抗体 / 郡山達男,ほか / p1191~1197
  • 傍腫瘍性神経症候群の免疫機序 / 酒井宏一郎 / p1198~1206
  • 多発性硬化症の発症機序 / 松本陽 / p1207~1212
  • 自己免疫性神経疾患の抗原ペプチド療法 / 山村隆 / p1213~1218
  • 自己免疫性神経疾患のサイトカイン療法 / 錫村明生 / p1219~1224
  • 自己免疫性神経疾患の経口トレランス療法 / 松井真 / p1225~1231
  • 特集II 細胞内シグナル伝達系(JAK/STAT) / / p1232~1259
  • STAT活性化経路の多様性 / 深田俊幸,ほか / p1232~1238
  • サイトカインによって活性化されるJAK/STAT経路 / 中島欽一,ほか / p1239~1248
  • Stat3,Stat6欠損マウスとその異常 / 竹田潔,ほか / p1249~1253
  • LPS刺激単球におけるSTAT5活性化機構 / 山岡邦宏,ほか / p1254~1259
  • B細胞分化とBCL6 / 福田//哲也 / 1260~1266<4315737>
  • IL-4サイレンサ-遺伝子とSTAT6分子によるTh1およびTh2細胞への分化決定機構 / 久保//允人 / 1267~1274<4315738>
  • CISファミリー遺伝子の発見とサイトカインシグナルの調節 / 吉村昭彦,ほか / p1275~1280
  • 成熟B細胞におけるRAG-1,RAG-2の再発現 / 疋田正喜,ほか / p1281~1284
  • CDKインヒビター欠損マウスにおける病態 / 中山啓子,ほか / p1285~1291
  • TRAFsファミリー蛋白質の新知見 :TRAF6はIL-1シグナル伝達因子である / 竹内雅博 / p1292~1298
  • Germline Cε mRNAの発現を誘導する細胞内シグナル / 馬崎雄二,ほか / p1299~1305
  • コンディショナルジーンターゲッティング法--原理と応用 / 竹田潤二 / p1306~1312
  • 次号予告 / / 号末
  • バックナンバー / / 号末
  • 投稿規定 / / 号末

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 臨床免疫
著作者等 東京医学社
科学評論社
臨床免疫研究会
臨床免疫編集委員会
書名ヨミ リンショウ メンエキ
書名別名 Clinical immunology
巻冊次 29(10)(328)
出版元 科学評論社
刊行年月 1997-10
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03869695
NCID AN00132100
AN00254017
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00024486
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想