臨床免疫  28(10)(316)

臨床免疫編集委員会

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 1 (3) 1969.08~45 (6) (通号: 432) 2006.06;本タイトル等は最新号による;編者: 1巻1号~3巻7号 (昭和46年) 臨床免疫研究会 出版者: 1巻1号~5巻11号 (昭和48年11月) 東京医学社 刊行頻度: 変更あり 特別増刊号とも;1巻1号(昭和44年2月)~10巻12号(Dec. 1978),11巻1号通巻103号(Jan. 1979)~45巻6号通巻432号(June 2006);総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集I 免疫トレランスをめぐって / / p1235~1268
  • トレランスにおけるFasの関与 / 駒野肇 / p1235~1241
  • CD28シグナルとその欠損によるトレランス / 豊岡和人,ほか / p1242~1249
  • サイトカインによる末梢性寛容導入の阻害 / 鈴木元 / p1250~1256
  • 経口トレランスと調節性T細胞 / 香山雅子,ほか / p1257~1260
  • Cyclophosphamide誘導性免疫寛容--そのメカニズムと戦略 / 江藤正俊 / p1261~1268
  • 特集II 自己免疫疾患におけるアポトーシスの異常 / / p1269~1288
  • Fasリガンド(Fas-L)の発現と機能 / 小野江和則 / p1269~1276
  • 全身性エリテマトーデス(SLE)におけるFasリガンドの発現異常 / 鈴木登 / p1277~1281
  • シェーグレン症候群におけるアポトーシス異常 / 市川幸延,ほか / p1282~1288
  • キラ-T細胞に認識されるヒト自家癌拒絶抗原 / 宮崎//晃亘 / 1289~1297<4039108>
  • 寄生虫感染による異常免疫応答 / 酒井//徹 / 1298~1305<4039109>
  • 腸上皮細胞由来インターロイキン7による腸管粘膜内リンパ球の増殖調節機構 / 渡辺守,ほか / p1306~1312
  • Fasを介するアポトーシスにはIL-1β変換酵素(ICE)関連プロテアーゼが必要である / 関秀俊,ほか / p1313~1319
  • ウイルス感染によるJak-Statシグナル伝達経路の活性化 / 山本晃 / p1320~1324
  • VEGFレセプターFlk-1の血管内皮細胞シグナル伝達機構における役割 / 小松則夫 / p1325~1328
  • T細胞活性化に関与する新たな表面分子SLAM / 田中良哉 / p1329~1334
  • Th1/Th2の振り分けと接着分子 / 鈴木淳一,ほか / p1335~1339
  • Liver associated NK cells-Pit細胞-の機能と病態 / 白鳥康史 / p1340~1346
  • HIV感染における樹状細胞の役割 / 横田恭子 / p1347~1354
  • L-セレクチンと免疫細胞 / 今井康之 / p1355~1362
  • 次号予告 / / 号末
  • バックナンバー / / 号末
  • 免疫薬理投稿規定 / / 号末

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 臨床免疫
著作者等 東京医学社
科学評論社
臨床免疫研究会
臨床免疫編集委員会
書名ヨミ リンショウ メンエキ
書名別名 Clinical immunology

Rinsho men'eki
巻冊次 28(10)(316)
出版元 科学評論社
刊行年月 1996-10
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03869695
NCID AN00132100
AN00254017
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00024486
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想