臨床免疫  32(4)(352)

臨床免疫編集委員会

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 1 (3) 1969.08~45 (6) (通号: 432) 2006.06;本タイトル等は最新号による;編者: 1巻1号~3巻7号 (昭和46年) 臨床免疫研究会 出版者: 1巻1号~5巻11号 (昭和48年11月) 東京医学社 刊行頻度: 変更あり 特別増刊号とも;1巻1号(昭和44年2月)~10巻12号(Dec. 1978),11巻1号通巻103号(Jan. 1979)~45巻6号通巻432号(June 2006);総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集I B細胞の分化と機能発現にかかわる細胞内分子 / / p393~416
  • B細胞の活性化とBLNK / 石合正道,ほか / p393~397
  • IgAクラススイッチとSmad / 花井順一,ほか / p398~403
  • B細胞の分化とPI3キナーゼ / 鈴木春巳 / p404~410
  • B細胞の活性化とBASH / 林克彦,ほか / p411~416
  • 特集II アポトーシスの新たな動向 / / p417~446
  • 新たなアポトーシス誘導因子(AIF)の発見 / 中島泉 / p417~425
  • Caspaseファミリーの構造と機能 / 水野憲一,ほか / p426~434
  • アポトーシスと細胞増殖・分化シグナル伝達経路 / 山村康子 / p435~440
  • IL-10とアポトーシス / 石田博,ほか / p441~446
  • 胚中心B細胞におけるRAG再発現とその要因 / 大森//斉
  • 疋田//正喜 / 447~453<4883687>
  • 細菌菌体成分によるアトピー性疾患の治療 / 榎本雅夫,ほか / p454~459
  • B細胞による抗原提示細胞のIL-12産生抑制 / 藤原大美 / p460~466
  • 皮膚遅延型過敏反応における上皮リンホトキシンの関与 / 松本満 / p467~470
  • 肝虚血再灌流障害の発生機序におけるFas/FasLの役割 / 中嶋啓雄,ほか / p471~477
  • 飢餓によって誘導される免疫抑制はレプチンによって回復される / 杉山敏郎,ほか / p478~481
  • レチノイン酸によるIgAへのクラススイッチ / 徳山春彦,ほか / p482~487
  • IL-18,IL-12によるCD8⁺T細胞の分化制御 / 岡本岩夫,ほか / p488~492
  • 樹状細胞の分化とNF-κBサブユニット / 小山倫浩,ほか / p493~498
  • ヒトIFN-γ産生細胞に対する細菌DNAの作用と活性モチーフ / 伊保澄子 / p499~506
  • 慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー(CIDP)の病因論 / 田川由美,ほか / p507~512
  • 次号予告 / / 号末
  • バックナンバー / / 号末
  • 投稿規定 / / 号末

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 臨床免疫
著作者等 東京医学社
科学評論社
臨床免疫研究会
臨床免疫編集委員会
書名ヨミ リンショウ メンエキ
書名別名 Clinical immunology
巻冊次 32(4)(352)
出版元 科学評論社
刊行年月 1999-10
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03869695
NCID AN00132100
AN00254017
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00024486
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想