臨床免疫  27(11)(305)

臨床免疫編集委員会

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 1 (3) 1969.08~45 (6) (通号: 432) 2006.06;本タイトル等は最新号による;編者: 1巻1号~3巻7号 (昭和46年) 臨床免疫研究会 出版者: 1巻1号~5巻11号 (昭和48年11月) 東京医学社 刊行頻度: 変更あり 特別増刊号とも;1巻1号(昭和44年2月)~10巻12号(Dec. 1978),11巻1号通巻103号(Jan. 1979)~45巻6号通巻432号(June 2006);総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集I T細胞不応答性の誘導 / / p1275~1308
  • スーパー抗原によるT細胞不応答性の誘導 / 河部庸次郎,ほか / p1275~1280
  • 抗原の経口投与によるT細胞不応答性の誘導 / 須甲松伸,ほか / p1281~1286
  • 薬剤によるT細胞不応答性の分子機構 :免疫抑制剤(サイクロスポリンAとFK506)によるT細胞活性化阻害 / 中山俊憲,ほか / p1287~1296
  • 抗接着分子抗体によるT細胞不応答性の誘導 / 中尾篤人 / p1297~1301
  • Costimulatory moleculeを介するT細胞不応答性の抑制 / 星野友昭 / p1302~1308
  • 特集II アポトーシスと免疫応答 / / p1309~1327
  • T細胞アポトーシス抑制シグナルの解析 / 岩田誠 / p1309~1315
  • キラー細胞による標的細胞傷害とFasリガンド / 高山大 / p1316~1322
  • 慢性関節リウマチにおけるFas依存性アポトーシスの機序とその意義 / 蓮沼智子,ほか / p1323~1327
  • IgEへのクラススイッチ誘導機構 / 生沢//公一
  • 柳原//行義 / p1328~1336<3644824>
  • 遺伝子導入による自己免疫疾患の誘導とその制御 / 坂口//教子 / p1337~1346<3645304>
  • ヒト抑制T細胞クローンからのサイトカイン産生 / 山内克巳,ほか / p1347~1350
  • β1インテグリンからのシグナル伝達 / 三村俊英,ほか / p1351~1355
  • 胸腺nurse cellの由来 / 稲葉宗夫,ほか / p1356~1360
  • 腫瘍宿主における免疫能低下とTGF-β / 前田博昭 / p1361~1366
  • 胎盤におけるHLA-Gの役割 / 石谷昭子 / p1367~1372
  • 臍帯血T細胞はアナジーになりやすい / 高橋尚人,ほか / p1373~1377
  • IL-13による実験的自己免疫性脳炎の発症抑制 / 戸塚哲也 / p1378~1382
  • 一酸化窒素と細胞死 / 室田誠逸 / p1383~1388
  • B細胞の活性化とCD45 / 住近浩,ほか / p1389~1394
  • マクロファージ活性化とCD14 / 斎藤慎二 / p1395~1400
  • 次号予告 / / 号末
  • バックナンバー / / 号末

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 臨床免疫
著作者等 東京医学社
科学評論社
臨床免疫研究会
臨床免疫編集委員会
書名ヨミ リンショウ メンエキ
書名別名 Clinical immunology
巻冊次 27(11)(305)
出版元 科学評論社
刊行年月 1995-11
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03869695
NCID AN00132100
AN00254017
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00024486
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想