臨床免疫  26(2)(284)

臨床免疫編集委員会

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 1 (3) 1969.08~45 (6) (通号: 432) 2006.06;本タイトル等は最新号による;編者: 1巻1号~3巻7号 (昭和46年) 臨床免疫研究会 出版者: 1巻1号~5巻11号 (昭和48年11月) 東京医学社 刊行頻度: 変更あり 特別増刊号とも;1巻1号(昭和44年2月)~10巻12号(Dec. 1978),11巻1号通巻103号(Jan. 1979)~45巻6号通巻432号(June 2006);総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集I 腫瘍免疫の成立要因 / / p133~170
  • 腫瘍のMHC発現と腫瘍免疫 / 軍司祥雄,ほか / p133~140
  • 腫瘍の進展と接着因子 / 鈴木朝子,ほか / p141~148
  • 腫瘍細胞による免疫抑制 / 東野一彌,ほか / p149~155
  • 腫瘍反応細胞による免疫抑制 / 峠哲哉,ほか / p156~161
  • 腫瘍免疫を増強するサイトカイン / 越田吉一,ほか / p162~170
  • 特集II 慢性関節リウマチ(RA)における最近のトピックス / / p171~197
  • コラーゲン誘導関節炎とT細胞抗原受容体 / 垣本毅 / p171~177
  • RA病因遺伝子とその機能解析 / 中島利博,ほか / p178~181
  • アンチセンスオリゴヌクレオチドによるサイトカインの産生抑制 / 檜垣恵 / p182~189
  • RAにおける接着分子の過剰発現とその制御の可能性 / 田中良哉 / p190~197
  • 自己免疫疾患とヒト内在性レトロウイルス / 吉木//敬
  • 池田//仁 / p198~205<3871199>
  • ウイルス感染T細胞は抗原と反応するとアポトーシスを起こす / 古賀泰裕,ほか / p206~212
  • 抗CD4自己抗体産生誘導によるHIV感染阻止 / 渡辺守,ほか / p213~221
  • 抗リン脂質抗体症候群の名称は果たして妥当か / 松浦栄次,ほか / p222~230
  • IL-2受容体γ鎖サブユニットの遺伝子単離とその機能 / 竹下敏一 / p231~235
  • 習慣流産に対する免疫療法の再評価 / 高桑好一,ほか / p236~240
  • 成人T細胞性白血病における糖鎖を介した細胞接着 / 神奈木玲児,ほか / p241~251
  • T細胞レセプター発現制御の分子機構 / 小杉厚 / p252~258
  • リンパ球の活性化と補体 / 岡田則子 / p259~266
  • 次号予告 / / 号末
  • バックナンバー / / 号末

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 臨床免疫
著作者等 東京医学社
科学評論社
臨床免疫研究会
臨床免疫編集委員会
書名ヨミ リンショウ メンエキ
書名別名 Clinical immunology

Rinsho men'eki
巻冊次 26(2)(284)
出版元 科学評論社
刊行年月 1994-02
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03869695
NCID AN00132100
AN00254017
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00024486
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想