臨床免疫  21(10)(232)

臨床免疫編集委員会

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 1 (3) 1969.08~45 (6) (通号: 432) 2006.06;本タイトル等は最新号による;編者: 1巻1号~3巻7号 (昭和46年) 臨床免疫研究会 出版者: 1巻1号~5巻11号 (昭和48年11月) 東京医学社 刊行頻度: 変更あり 特別増刊号とも;1巻1号(昭和44年2月)~10巻12号(Dec. 1978),11巻1号通巻103号(Jan. 1979)~45巻6号通巻432号(June 2006);総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集I キラー細胞の新しい局面 / / p1515~1549
  • キラー細胞の放出する細胞傷害因子 / 内田温士 / p1515~1522
  • キラー細胞の発現を調節するサイトカイン / 岡田全司,ほか / p1523~1530
  • CD4⁺キラーT細胞の特性 / 尾崎承一 / p1531~1540
  • 制癌剤のキラー(Chemo-LAK)細胞誘導能 / 清原龍夫 / p1541~1549
  • 特集II 炎症における新知見 / / p1550~1600
  • 炎症性サイトカイン--特にTNFを中心として / 山崎正利 / p1550~1558
  • 血管内皮細胞--病態解析への応用 / 岡部哲郎 / p1559~1573
  • 造血因子と炎症--CSFを中心として / 北川誠一 / p1574~1582
  • 炎症における修復機転とサイトカイン / 島田義也,ほか / p1583~1591
  • マクロファージの新しい機能--炎症反応の質的調節 / 税田直樹,ほか / p1592~1600
  • 血小板免疫学の最近の知見--血小板膜抗原と血小板抗体について / 安永//幸二郎
  • 粉川//皓年
  • 野村//昌作 / p1601~1610<3262669>
  • SS-B抗原の遺伝子クローニングと組み換えタンパクによるELISA法の開発 / 上阪等 / p1611~1618
  • IL-1β由来のボリペプチドの作用--IL-1の活性部位とそのアンタゴニストをめぐって / 赤星透,ほか / p1619~1625
  • マクロファージ機能と反復感染 / 小宮山淳 / p1626~1632
  • Anti-sense RNAを用いた機能分子の研究 / 幡野雅彦,ほか / p1633~1639
  • T細胞レパートリーに与える自己トレランスの影響 / 細野正道 / p1640~1647
  • IL-1インヒビター / 磯野法子,ほか / p1648~1655
  • 高月病の1例 :神経および腎病変の検討 / 朝倉健一,ほか / p1656~1663
  • 免疫のひろば ツベルクリン型反応はcyclophosphamideの免疫前投与によって増強される / 本間隆義 / p1664~1664
  • 次号予告 / / 表3
  • 投稿規定 / / 号末
  • バックナンバー / / 号末

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 臨床免疫
著作者等 東京医学社
科学評論社
臨床免疫研究会
臨床免疫編集委員会
書名ヨミ リンショウ メンエキ
書名別名 Clinical immunology
巻冊次 21(10)(232)
出版元 科学評論社
刊行年月 1989-10
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03869695
NCID AN00132100
AN00254017
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00024486
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想