南大阪病院医学雑誌  36(2/3)

南大阪病院

国立国会図書館雑誌記事索引 2 (1) 1954.03~31 (1) 1983.07;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;[ ]-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 産婦人科領域におけるMRI診断 / 伊田昌功・他 / p115~121
  • ムンプスが先行感染と思われたFisher症候群の1例--症例報告及び本邦小児例の検討 / 中嶋敏宏・他 / p123~129
  • 麻診を契機として消化管出血をぎたしたメッケル憩室の1例 / 四方卓磨・他 / p130~135
  • 幼少児にみられた壊死性腸炎の1治験例 / 北川友朗・他 / p137~143
  • 腸間膜原発と考えられた悪性リンパ腫の1例 / 丸川治・他 / p145~151,152~152
  • 肝癌との鑑別が困難であった肝focal nodular hyperplasiaの1例 / 北川友朗・他 / p155~159
  • 頬部腫脹を主訴とした若年者の上顎洞腫瘍の3症例 / 三木祐一郎 他 / p161~165,166~166
  • 閉塞性動脈疾患に対する人工血管バイパス手術の3症例 / 森田雅文・他 / p167~173
  • 心筋硬塞後左心室瘤に対するA-Cバイパス術及び左室瘤切除術 / 柿本祥太郞 他 / p174~181
  • 心筋梗塞,胆石症,インスリン非依存性糖尿病,骨盤内異所性石灰化を認めた高カルシトニン血症の1例 / 宮越一穂・他 / p182~189
  • シンクロナイズド・スイミング選手のシーズンオフ中の運動生理学的特徴 / 岸本裕行・他 / p190~194
  • 少林寺拳法のトレーニングが呼吸循環機能に及ぼす影響について / 岸本裕行 / p195~200
  • 月経が少林寺拳法の練習や競技に及ぼす影響について / 岸本裕行 / p201~205
  • 当院における非ステロイド性解熱鎮痛消炎剤の使用状況について / 徳和目晶子・他 / p206~215
  • 第388回~第392回南大阪病院学術集談会記事 / / p217~217

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 南大阪病院医学雑誌
著作者等 南大阪病院
書名ヨミ ミナミ オオサカ ビョウイン イガク ザッシ
巻冊次 36(2/3)
出版元 南大阪病院
刊行年月 1988-12
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 05401259
NCID AN00235307
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00022878
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想