日本医事新報  (1574)

日本医事新報社

国立国会図書館雑誌記事索引 (通号: 1341) 1950.01~(通号: 1809) 1958.12 ; (通号: 3914) 1999.05.01~;本タイトル等は最新号による;130/131号から2540号までの並列タイトル: Japanese medical journal 178号まで旬刊;[1号] -

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 駆梅療法の進歩-エールリッヒ,ベーリング両先生生誕百年設念祭において / 北村//包彦 / 2595~2601<10023052>
  • 実験的治療法の発展-エールリッヒ,ベーリング両先生生誕百年祭において / 平野//憲正 / 2601~2604<10023053>
  • 二重橋事故患者について-内科懇話会において / 井上//良行
  • 棟方//信 / 2604~2609<10023054>
  • 尿路感染症における耐性の諸問題 / 今北//力 / 2610~2613<10023055>
  • 外科領域におけるテラマイシンの臨牀 / 羽鳥//俊郎 / 2613~2621<10023057>
  • 米国産れ二世の体位研究 / 石原//房雄 / 2622~2625<10023058>
  • 日本小児科学会印象記 / 村上//勝美 / 2625~2629<10023059>
  • 日本生化学会印象記 / 広畑//龍造 / 2631~2634<10023060>
  • 日本医科器械学会の記 / 瀬尾//富三 / 2634~2640<10023061>
  • ドイツ外科学会を聴く-3- / 平山//雄義 / 2640~2645<10023062>
  • 世界癩病史稿-3- / 大矢//全節 / 2647~2649<10023063>
  • ノベル医学賞受賞者伝-6- / 幾野//青児 / 2650~2652<10023064>
  • MEDICAL・ESSAY(13) 自殺 / 松井好夫 / p60~61
  • MEDICAL・ESSAY(13) レービ敎授からの音信 / 栗秋要 / p61~61
  • MEDICAL・ESSAY(13) 紅と白 / 西一郞 / p61~61
  • MEDICAL・ESSAY(13) 梅雨 / 上窪淸 / p61~61
  • MEDICAL・ESSAY(13) 初夏 / 鳴海詮 / p61~61
  • MEDICAL・ESSAY(13) 書齋巡禮(49)-鳴鳳樓の主人-"樫田十次郞翁" / Y・A生 / p62~62
  • 東銀座だより / / p90~89
  • 人(384)-館林宣夫氏 / M・M / p90~90
  • 醫事案內 / / p110~111
  • 代理部だより / / p111~111
  • 誌友サロン / / p69~72
  • 中央社保醫療協議會委員構成の改革强化に就て / 安井雅美 / p69~69
  • 泣いて馬謖を斬れ / 松村哲哉 / p69~69
  • 油斷のならぬ世の中 / 土屋勝 / p69~70
  • 旅館と病院 / 松岡豊治 / p70~70
  • 伊勢路 / 水田信夫 / p70~70
  • 醫者の手遅れ / 赤座齋 / p71~71
  • 漁父生涯竹一竿に就て / 松田精賢 / p71~72
  • 若輩の囈言 / K 生 / p72~72
  • 初夏 / 菊池秋扇子 / p72~72
  • ヘモの手術を受けて / 荒垣夕陽 / p72~72
  • ニユーズ / / p73~78,83~90
  • スチル病とリウマチ熱 / 原//弘毅 / 2687~2687<10023065>
  • 質疑應答 / / p96~108
  • 法令相談室 / / p109~109
  • グラビアのページ 氣管支癌の早期診斷 / 石川七郞 / p44~45

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 日本医事新報
著作者等 日本医事新報社
書名ヨミ ニホン イジ シンポウ
書名別名 Japan medical journal
巻冊次 (1574)
出版元 日本医事新報社
刊行年月 1954-06
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03859215
NCID AN00185592
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00018317
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想