看護研究  23(1)(96)

医学書院

国立国会図書館雑誌記事索引 34 (1) (通号: 161) 2001.01~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;[1巻1号=1号] -

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • [特集]看護教育における評価研究 教育プログラムの効果はどのように測ることができるか / 聖路加看護大学公開講座委員会 / p3~134
  • 第1章 看護教育プログラムにおける評価研究 / Rheba de Tornyay / p3~18
  • 第2章 有用なプログラム評価のデザイン--調査に焦点をあてて / Christine A. Tanner / p19~30
  • 第3章 プログラム評価の方法論における基本概念 / Christine A. Tanner / p31~45
  • 第4章 質的および量的方法における信頼性と妥当性 / Christine A. Tanner / p47~62
  • 第5章 プログラム効果の評価:臨床上の意志決定をする際の実践能力の測定 / Christine A. Tanner / p63~76
  • 第6章 看護教育プログラムの評価--日本における研究事例 / 香春知永 / p77~88
  • 第7章 評価研究における倫理的問題 / Rheba de Tornyay / p89~96
  • 第8章 評価研究の将来の方向 / Rheba de Tornyay / p97~103
  • 第9章 シンポジウム:看護教育はなぜ高められる必要があるのだろうか--大学院教育の必要性に焦点をあてて / Pheba de Tornyay
  • Christine A. Tanner
  • 南裕子
  • 黒田裕子 / p105~121
  • 看護学における大学院教育への期待:大学院教育を開設した立場から / Rheba de Tornyay / p107~109
  • 臨床実践能力の発達の過程:大学および大学院教育の効果 / Christine A. Tanner / p110~112
  • 日本における大学院教育に求められるものとその背景 / 南裕子 / p112~118
  • なぜ修士課程・博士課程なのか:第1期博士課程院生として / 黒田裕子 / p118~121
  • 第10章 討議 / 司会
  • Tanner
  • de Tornyay
  • 黒田 / p123~134

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 看護研究
著作者等 医学書院
書名ヨミ カンゴ ケンキュウ
書名別名 Japanese journal of nursing research

The Japanese journal of nursing research
巻冊次 23(1)(96)
出版元 医学書院
刊行年月 [1990]-01
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 00228370
NCID AN00046574
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00004408
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想