医薬ジャーナル  36(7)(427)

医薬ジャーナル社

国立国会図書館雑誌記事索引 32 (6) 1996.06~;本タイトル等は最新号による;[1巻1号通巻1号]~

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • グラフィック 連載・化学物質による皮膚障害(10)ラテックスによる即時型アレルギー / 早川律子
  • 杉浦真理子 / p5~
  • グラフィック 連載・薬剤師のための画像診断(26)(最終回)画像診断装置支援治療~Interventional radiology,nonvascular~ / 奥田良和
  • 谷川昇
  • 澤田敏 / p12~
  • 医薬ジャーナル論壇--薬剤師という名だけでは有害事象は防げない-医師,看護婦との人間関係は資質の向上が軸- / 沼田稔 / p41~43
  • 変わりゆく外来診療 / 池田俊也 / p81~86
  • 薬剤師とクリティカルパス--白内障患者を対象に / 今関孝子
  • 田口洋子
  • 加藤武司 / p87~91
  • メディカルトレンド学会・ニュース・トピックス--医療エラーによる年間損失額290億ドルにも米国でIOMレポートが波紋,クリントン大統領,5年間で過誤半減の提案支持-ほか--米国のオールバニー大学薬剤部教授のLaurie L.Bricelandは,インターネットの"Medscape Pharmacists"で,薬剤治療における有害事象(ADE:adverse drug event)について論じている。Bricelandは,薬剤有害事象の発生の原因が,処方(ordering)段階(56%),投与時(34%),転写時(6%),調剤段階(4%)などにあるとのデータから,まず処方(prescribing)エラーの減少に向けた工夫努力と,薬剤使用システムにおける薬剤師の専門知識の重要性を指摘している--悪心・嘔吐予防の最善策は,化学療法開始後24時間以内のデキサメサゾン,オンダンセトロンの投与・低リスク群での遅発性嘔吐の完全制御は91%-イタリアの研究グループが報告--利尿薬に比較しての1日1回型アダラートの有用性・有リスク患者の血圧と心血管系イベントの発症を抑制-INSIGHT試験,欧州高血圧学会で報告--ラミブジンによるB型慢性肝炎治療・投与終了後も86%がHBe抗原消失を維持-ヨーロッパ肝臓学会--オランザピンで精神分裂病患者の就労日数を改善・58週間の約半分を継続就労-第153回アメリカ精神医学会--米国食品医薬品局,ノボノルディスクの超速効型インスリンアナログ製剤「NovoLog」を承認--米国乳児への肺炎球菌ワクチンの経済効果,肺炎53,000例,中耳炎100万例を予防・1接種当たり46ドル以下なら社会的純益-ハーバード大学の研究者らがJAMA誌で報告--米国食品医薬品局,新高脂血症薬「ウェルコール」を承認・今秋発売,三共パークデービスが販促--「経口腸管洗浄剤と腸管穿孔」,「ロキソプロフェンナトリウムと肝機能障害」,「セント・ジョーンズ・ワートと医薬品の相互作用」などについて注意喚起-厚生省・「医薬品・医療用具等安全性情報160号」--「カゼインまたはその塩類含有製剤と牛乳アレルギー」該当医薬品で追補公示-厚生省医薬安全局 / / p44~51
  • 特集1・新しい糖尿病用薬--今月のポイント・p.1~3参照 / / p93~97,99~115,117~129,131~157,159~163,165~174,177~181<5397368>
  • 総論 / / p93~97,99~111
  • 1)糖尿病治療の新展開--病態の理解と薬剤介入の多様化 / 難波光義 / p93~97
  • 2)新診断基準と対応 / 松谷朗 / p99~104
  • 3)糖尿病における日本人と欧米人の違い / 葛谷健 / p105~111
  • 各論A 血糖降下剤 / / p112~115,117~129,131~145
  • 1.インスリン分泌促進剤--速効型,短時間作用型インスリン分泌促進剤 ナテグリニド / 河盛隆造 / p112~115
  • 2.インスリン抵抗性改善薬 / 戸辺一之
  • 門脇孝 / p117~124
  • 3.α-グルコシダーゼ阻害剤 / 岡本新悟 / p125~129
  • 4.インスリン製剤 / 七里元亮
  • 岸川秀樹
  • 下田誠也
  • 西田健朗
  • 榊田典治 / p131~137
  • 5.ビグアナイド系製剤 / 石田俊彦 / p138~145
  • 各論B 合併症治療剤 / / p146~157,159~163,165~174,177~181
  • 1.アルドース還元酵素阻害剤 / 堀田饒 / p146~152
  • 2.糖尿病性神経障害治療剤--メキシレチン / 大角誠治 / p153~157
  • 3.糖尿病性腎症治療剤 / 大園恵幸
  • 宮崎正信 / p159~163
  • 4.インスリン投与法の改善 / 橋本久邦
  • 内田信也 / p165~174
  • 5.血糖自己測定 / 岡崎研太郎
  • 石井均 / p177~181
  • メディカルトレンド・姉妹誌から / / p52~66
  • アレルギー・免疫-特集・アレルギー疾患患者のレクリエーション / / p52~53
  • 血液フロンティア-特集・血栓と遺伝的素因 / / p53~55
  • 化学療法の領域-特集・抗真菌薬の現状と正しい用い方 / / p55~56
  • CLINICAL CALCIUM-特集・脊椎と骨粗鬆症 / / p57~59
  • Ischemic Heart Disease(IHD)Frontier(Vol.1)-Ischemic Heart Disease(IHD)Frontier 2000 / / p60~63
  • Cancer Frontier (Vol.2)-Cancer Frontier 2000 / / p63~66
  • 薬学ニュース--塩酸サルポグレラートによる血小板凝集抑制作用の速度論的解析とその処方設計への応用-未変化体及び活性代謝物(M-1)の血小板膜上5-HT₂受容体への可逆的阻害を考慮したPK/PDモデルの構築---薬物の眼粘膜吸収性に及ぼすβ-グリチルリチン酸の影響--マウスにおけるシスプラチン腎障害の酸化的障害に及ぼすアロプリノールの影響--Bleomycin惹起マウス間質性肺炎モデルにおけるレシチン化Superoxide Dismutase(PC-SOD)とMethylpredonisolone(MPSL)の併用効果--えん下補助ゼリーの開発 / KT / p68~69
  • 特集2・急性骨髄性白血病(AML)治療の現状と今後の展望--今月のポイント・p.3~4参照 / / p183~229<5397371>
  • 1.総論 / 平井久丸 / p183~187
  • 2.急性骨髄性白血病(AML)の化学療法 / 坂巻壽 / p188~192
  • 3.高齢者急性骨髄性白血病(AML)の治療 / 脇田充史
  • 上田龍三 / p193~197
  • 4.骨髄異形成症候群(MDS)/急性骨髄性白血病(AML)の治療 / 金丸昭久 / p198~202
  • 5.急性骨髄性白血病(AML)に対する分子標的化学療法 / 直江知樹 / p203~207
  • 6.急性骨髄性白血病(AML)に対する造血幹細胞移植 / 森島泰雄 / p208~212
  • 7.急性骨髄性白血病(AML)に対するドナーリンパ球輸注(DLI)と骨髄非破壊的幹細胞移植 / 金成元
  • 峯石真 / p213~218
  • 座談会 急性骨髄性白血病(AML)治療の現状と今後の展望 / 平井久丸
  • 坂巻壽
  • 森眞由美
  • 高上洋一 / p219~229
  • 副作用ニュース--可逆性の白質症を呈した悪性症候群の1例--塩酸チアラミド(ソランタール(R))による全身型アナフィラキシー型薬疹の1例--Risperidoneにて抗パーキンソン病薬の副作用により生じた重篤な幻覚・妄想状態が著明に改善されたパーキンソン病の1例--アスピリン投与後に発症したReye症候群の1例--バルプロ酸単独投与により可逆性の無動状態を呈した1例--抗てんかん薬Ethosuximideにより惹起されたと思われる腎障害の1例--ネモナプリドによる胆汁うっ滞型肝障害--ドロペリドールの硬膜外投与により錐体外路症状を呈した2症例--インスリンアレルギーを呈したインスリン非依存型糖尿病の1例--薬物中毒に伴った殿部コンパートメント症候群の1例 / T / p70~71
  • 治験薬・新薬ニュース--一過性脳虚血発作(TIA)に対する抗血小板薬シロスタゾールの効果--アミオダロン静注薬の展望--非小細胞肺癌に対するIrinotecan HydrochlorideおよびCisplatin併用による第II相臨床試験--心臓血管外科領域におけるTS-DUOの有用性-多施設臨床試験による検討---新しい二酸化炭素吸収剤(SPHERASORB(R))とcompound Aの回路内濃度 / Y.T. / p72~73
  • Curt D.Furberg氏に聞く--降圧薬のエビデンスを検証する~ACE阻害薬とカルシウム拮抗薬に焦点をあてて~ / / p230~237
  • MONTHLY PRESS--企業活動:萬有製薬から「万有製薬」へ社名変更(6/1より)--京都第一科学から「アークレイ」へ社名変更(6/10より)--クラヤ三星堂が井筒薬品,平成薬品と業務および資本の提携-ほか--新製品:15員環マクロライド系抗生物質製剤「ジスロマック」(ファイザー--抗ウイルス化学療法剤「レスクリプター錠200mg」(三共)--点滴静注用テオフィリン製剤「テオドリップ」(日研化学)-ほか--国際モダンホスピタルショウ2000(7月12~14日)-ほか / / p75~79
  • EBMをこう考える(3)糖尿病~治療ガイドラインについて~ / 石塚達夫 / p238~241
  • 薬と食の相互作用(10)I.薬と食・嗜好品の出会いで起こる有害作用 1.食・嗜好品が薬を毒にする c)薬とグレープフルーツジュース(7) / 澤田康文
  • 大谷壽一 / p242~248
  • 薬剤師業務に必要な検査値の解釈(4)肝・胆管系に関連した検査値,データ解析と対応 / 塩見進 / p249~253
  • 患者のQOL向上と薬剤師の関わり((8)〔最終回〕)パーキンソン病病態観察表を用いた医薬品情報提供 / 佐藤信範
  • 丘龍祥
  • 仲川義人 / p254~258
  • 新連載 輸液 Q&A(1)Fluid Therapy / 甘蔗真純
  • 入田和男
  • 高橋成輔 / p260~265
  • 医薬品情報室 薬物の相互作用--臨床例(179) / 高杉益充 / p268~271
  • 編集長VISITING(200)「薬剤業務の"全面展開"と『薬薬連携』"病薬代表"としての日薬新副会長の立場」東京大学医学部教授・附属病院薬剤部長 伊賀立二氏 / 伊賀立二
  • 沼田稔 / p272~279
  • 愛と憎しみと死のアリア(19)歌劇「ペレアスとメリザンド」(クロード・ドビュッシー) / 五島雄一郎 / p280~284
  • 続・ドクター旅ばなし(4)欧州の部 15 / 泉孝英 / p322~324
  • ほん(111)いのちの文化史/骨壺の底にゆられて / 佐藤武男 / p325~325
  • 片頭痛治療剤・コハク酸スマトリプタン / T / p267~267
  • 薬剤関連略語一覧 / / p303~308
  • 薬価基準新規収載薬一覧--平成12年5月31日 / / p309~310
  • 薬価基準新規収載薬識別コード一覧--平成12年5月2日,5月12日 / / p311~313
  • 次号特集内容予告--特集1・院内感染対策--特集2・ループス腎炎の最近の治療を考える / / p326~326
  • お詫びと訂正 / / p310~310

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 医薬ジャーナル
著作者等 医薬ジャーナル社
書名ヨミ イヤク ジャーナル
書名別名 Medicine and drug journal

Iyaku janaru
巻冊次 36(7)(427)
出版元 医薬ジャーナル社
刊行年月 2000-07
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 02874741
NCID AN00016857
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00001668
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想