臨床脳波 = Clinical electroencephalography : 脳波・筋電図と臨床神経生理  34(12)

国立国会図書館雑誌記事索引 1(1):1959.6-25(11):1983.11 ; 43(1):2001.1-;本タイトル等は最新号による;タイトル関連情報変遷: 筋電図・脳波と臨床神経生理 (1巻1号-41巻12号);1巻1号-52巻12号 (2010年12月号);以後休刊;11巻以降各巻12号に総目次を収載

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 今月のテーマ・N200 / / p777~788
  • 小児におけるN200の検討--病的症例も含めて / 宮尾益知 / p777~780
  • 事象関連電位のP200,N200成分について--ピーク間成分 / 早川達郎 / p781~784
  • 脳障害部位と事象関連電位N200 / 岡本一真 / p785~788
  • 脳波・筋電図の臨床 甲状腺機能低下症の電気生理学的検討 / 野沢胤美 / p789~793
  • 脳波・筋電図の臨床 後耳介筋反射の左右差について / 椎原康史 / p794~799
  • 脳波・筋電図の臨床 睡眠時間の短縮に伴う脳幹賦活性の変動(II)徹夜および睡眠時間制限後における脳幹賦活レベルの経時的・集団的観察 / 神川康子 / p800~805
  • 脳波・筋電図の臨床 事象関連電位を応用した慢性硬膜下血腫患者の知的機能評価 / 高松和弘 / p806~811
  • 脳波・筋電図の臨床 自殺企図・念慮者の臨床脳波 / 森大輔 / p812~816
  • 脳波・筋電図の臨床 高齢精神分裂病者の視察脳波所見 / 大森晶夫 / p817~821
  • 臨床脳波技術講座 脳波のとり方とその読み方 11.睡眠脳波 / 杉田義郎 / p822~826
  • 運動単位の発達と可塑性(I) / 神田健郎 / p827~832
  • 症例 Carbamazepineの服用と関連して一過性にFIRDAを呈したてんかんと双極性感情障害の1例 / 榎戸芙佐子 / p833~837
  • 症例 FIRDAとOIRDAを同一記録時に認めたWilson病の一例 / 河西千秋 / p838~841
  • Vol.34総目次・索引 / / 巻末

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 臨床脳波 = Clinical electroencephalography : 脳波・筋電図と臨床神経生理
著作者等 永井書店
書名ヨミ リンショウ ノウハ = Clinical electroencephalography : ノウハ キンデンズ ト リンショウ シンケイ セイリ
書名別名 筋電図・脳波と臨床神経生理

Clinical electroencephalography

Rinsho noha
巻冊次 34(12)
出版元 永井書店
刊行年月 1992-12
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 04851447
NCID AN00253761
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00024472
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想