臨牀と研究 = The Japanese journal of clinical and experimental medicine  77(5)(904)

大道學館出版部

国立国会図書館雑誌記事索引 27 (1) 1950.01~;本タイトル等は最新号による;並列タイトル変遷: The Japanese journal of clinical and experimental medicine (<32巻1号>-);[21巻4号 = ?号]-;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集/うつと不安-日常診療の対応 / / p1~95
  • ストレス社会におけるうつと不安 / 中根允文 ほか / p1~5
  • うつ病の分類と診断 / 野村総一郎 / p6~8
  • 不安障害の分類と診断 / 久保千春 / p9~11
  • ライフサイクルにおけるうつと不安 / / p12~28
  • 小児期 / 宮本信也 ほか / p12~15
  • 思春期・青年期 / 西村良二 / p16~19
  • 壮年期 / 佐々木大輔 / p20~24
  • 老年期 / 河野友信 / p25~28
  • 各種疾患におけるうつと不安 / / p29~42,43~65
  • 消化器疾患 / 福井博 ほか / p29~33
  • 脳血管障害 / 平井俊策 / p34~37
  • 呼吸器疾患 / 吾郷晋浩 ほか / p38~42
  • 神経・筋肉疾患 / 坪井康次 ほか / p43~45
  • 内分泌代謝疾患 / 野添新一 ほか / p46~49
  • 婦人科疾患 / 郷久鉞二 ほか / p50~55
  • 泌尿器科疾患 / 長田尚夫 ほか / p56~60
  • 歯科口腔外科疾患 / 都温彦 ほか / p61~65
  • 向精神薬の分類と薬理学的特性 / 田中正敏 ほか / p66~71
  • うつ病治療の実際 / / p72~80
  • 抗うつ薬の使い方 / 上島国利 ほか / p72~76
  • うつ病の精神療法 / 大野裕 ほか / p77~80
  • 不安障害治療の実際 / / p81~90
  • 抗不安薬の使い方 / 中野重行 / p81~85
  • 不安障害の精神療法 / 田代信維 ほか / p86~90
  • 心的外傷による精神医学的問題 / 吉岡正哉 / p91~95
  • 臨牀指針 消化器癌に対する温熱療法の現状と展開 / 前原喜彦 ほか / p96~100
  • 臨牀指針 肉眼的漿膜浸潤陽性胃癌の予後規定因子に関する検討 / 久木田和磨 ほか / p101~106
  • 臨牀指針 慢性心不全患者における運動負荷の意義 / 山下宜繁 ほか / p107~109
  • 臨牀指針 散発性大腸癌におけるRERとLOHの検討 / 森眞二郎 ほか / p110~114
  • 臨牀指針 Oxazolone誘発接触性皮膚炎に対するBAY u 3405の効果 / 佐藤伸一 ほか / p115~118
  • 臨牀指針 サイログロブリンが異常高値を示した亜急性甲状腺炎の一例 / 広川泰嗣 ほか / p119~122
  • 臨牀指針 右房腫瘍と多発性肺梗塞がみられた悪性リンパ腫の1症例 / 内海広貴 ほか / p123~127
  • 臨牀指針 巨大な胃原発gastrointestinal stromal tumorの1切除例 / 九冨五郎 ほか / p128~130
  • 臨牀指針 強皮症に合併し放射線療法が著効した胸腺癌の一例 / 杉本典子 ほか / p131~134
  • 私の診療経験から 一過性脳虚血発作の病態 / 西丸雄也 ほか / p135~140
  • 治療の実際 排尿障害の診療のポイント / 伊東健治 / p141~144
  • アーベント 第17回福岡肝臓病アーベント / 入佐俊武 ほか / p145~148
  • 懇話会 第334回北九州肝臓病懇話会 / 天ケ瀬洋正 ほか / p149~151
  • 第19回九州腎臓移植研究会 / 齊藤泰 ほか / p152~164
  • 第29回九州膵研究会 / 武藤良弘 ほか / p165~173
  • 処方-私の考え方- 起立性低血圧 / 松林公蔵 / p174~175
  • 処方-私の考え方- 慢性関節リウマチに対するメソトレキセート少量間欠投与法 / 山村昌弘 / p175~176
  • 青ページ 叱られて / 泉孝英 / p1~2
  • 赤ページ 内分泌物語(5) / 井村裕夫 / p1~2
  • 臨牀経験 パーキンソン病の薬物療法の工夫 / 井上尚英 ほか / p177~178
  • 臨牀経験 本態性高血圧症患者における2種のニフェジピン徐放性製剤長期投与時の血圧日内変動に及ぼす影響 / 小林和夫 ほか / p179~185
  • 臨牀経験 プラバスタチンによる高プロラクチン血症が発熱の原因と考えられた1例 / 山内勇人 ほか / p186~188
  • 海外文献 / 九州歯科大学内科 / p189~191

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 臨牀と研究 = The Japanese journal of clinical and experimental medicine
著作者等 大道学館
大道學館出版部
書名ヨミ リンショウ ト ケンキュウ = The Japanese journal of clinical and experimental medicine
書名別名 臨床と研究

The Japanese journal of clinical and experimental medicine

Rinsho to kenkyu
巻冊次 77(5)(904)
出版元 大道学館出版部
刊行年月 2000-05
ページ数
大きさ 30cm
ISSN 00214965
NCID AN00270170
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00024466
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想