臨牀と研究 = The Japanese journal of clinical and experimental medicine  27(10)(309)

大道學館出版部

国立国会図書館雑誌記事索引 27 (1) 1950.01~;本タイトル等は最新号による;並列タイトル変遷: The Japanese journal of clinical and experimental medicine (<32巻1号>-);[21巻4号 = ?号]-;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 〔日米醫學協議會特集〕 / / p1~16,17~24
  • 日米連合醫學敎育者協議會感想座談會 / 戸田忠雄
  • 三宅博
  • 遠城寺宗德
  • 廣畑龍造
  • 今井環
  • 石澤政男
  • 問田直幹
  • 友田正信
  • 澤田藤一郞
  • 福田得志
  • 入江英雄
  • 塚本赳夫
  • 貫文三郞
  • 小野寺直助 / p1~16,17~17
  • 日米醫學協議會麻醉部會の感想 / 調來助 / p18~20
  • 日米醫學敎育協議會の感想 / 高井俊夫 / p20~22
  • 協議會の追想 / 貴田文夫 / p22~24
  • 指針 P.Acetylaminobenzaldehyde Thicsemicazoneによる結核症の治療 / 楠五郞雄
  • 光井庄太郞
  • 德山一郞 / p25~38
  • 指針 流行性腺熱 / 澤田藤一郞 / p39~42
  • 指針 クロロマイセチン並にオーレオマイシン治療其後の發展 / 池見酉次郞 / p42~46
  • 指針 かぜ疾患群について / 操坦道 / p47~56
  • 指針 沃度油腦室撮影の經驗 / 淺野芳登 / p57~63
  • 指針 疲勞に關する硏究 / 竹屋男綱 / p63~66,67~67
  • 臨牀と病理 腰痛 / 小野興作
  • 木下智十郞
  • 陣內大文夫 / p68~71
  • 乳の硏究(2) / 合屋長英 / p72~76,77~79
  • 臨牀實驗 血便の症例三つ / 岩井誠四郞 / p79~80
  • 餘滴 生き方心得帳 / 河原杏兒 / p24~24
  • インターン生の爲に 九大インターン模擬試驗解答要點 / / p81~81
  • 質疑に答へて 鐵片が鞏膜の角膜に接する部位より突入し、虹彩脫山を來した時の治療法 / 生井浩 / p82~82
  • 質疑に答へて 鵞口瘡に就て問う / 堀田正之 / p82~82
  • 赤ページ 醫藥分業に就て / 北條春光 / p1~2

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 臨牀と研究 = The Japanese journal of clinical and experimental medicine
著作者等 大道学館
大道學館出版部
書名ヨミ リンショウ ト ケンキュウ = The Japanese journal of clinical and experimental medicine
書名別名 臨床と研究

The Japanese journal of clinical and experimental medicine

Rinsho to kenkyu
巻冊次 27(10)(309)
出版元 大道学館出版部
刊行年月 1950-10
ページ数
大きさ 30cm
ISSN 00214965
NCID AN00270170
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00024466
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想