リウマチ  39(4)

日本リウマチ協会 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 6 (2) 1965.12~23 (5) 1983.10;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり 1巻1号から7巻2号までの出版者: 日本リウマチ協会;1巻1号(昭和33年4月) - 43巻4号(2003 Oct.);以後廃刊;43巻の総目次: 「News letterリウマチ」no.1収載

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • Editorial リウマチの医療と研究は生命科学の一分野になり得るか / 坂根剛 / p631~633
  • 慢性関節リウマチ患者におけるエトドラクの血漿中濃度および尿中PGE₂排泄濃度の推移 / 松永敬一郎
  • 八幡真人
  • 萩谷奈津子
  • 谷賢治
  • 川井孝子
  • 長岡章平
  • 青木昭子
  • 中村満行
  • 瀬沼昭子
  • 泉二恭輔
  • 千場純
  • 石ヶ坪良明 / p634~644
  • 臨床 陥没骨折を生じた脛骨内側顆骨壊死の1症例 / 小林勝 / p645~650
  • 臨床 初診時に肝硬変を認めた自己免疫性肝炎(I型)の1幼児例 / 中島章子
  • 黒住浩子
  • 今川智之
  • 宮前多佳子
  • 伊藤秀一
  • 乾あやの
  • 藤沢知雄
  • 横田俊平 / p651~656
  • 臨床 特発性門脈圧亢進症と肺高血圧を合併した混合性結合組織病の1剖検例 / 関口康宣
  • 天野宏一
  • 高野泰秀
  • 斉藤佳子
  • 伊藤功
  • 津坂憲政
  • 安倍達
  • 竹内勤 / p657~663
  • 臨床 メチルプレドニゾロン・パルス療法およびシクロフォスファミド・パルス療法により症状の鎮静化をみた顕微鏡的多発動脈炎の1男児例 / 森雅亮
  • 今川智之
  • 吉田義幸
  • 黒住浩子
  • 安保和俊
  • 満田年宏
  • 相原雄幸
  • 横田俊平 / p664~669
  • 綜説 多発性筋炎・皮膚筋炎の治療 / 原まさ子 / p670~678
  • 全身性エリテマトーデス / 竹内勤
  • 津坂憲政
  • 安倍達 / p679~687
  • 評議員会報告 / 東
  • 宮坂
  • 粕川
  • 田口
  • 田中
  • 松井
  • 越智
  • 長屋
  • 井上
  • 腰野
  • 安倍達
  • 吉木 / p688~696
  • 学会総会報告 / / p696~696
  • 学会組織および会則・諸規程 / / p697~709
  • 日本リウマチ学会支部学術集会演題 第8回北海道・東北支部,第9回関東支部,第10回中部支部,第8回近畿支部,第9回中国・四国支部,第16・17回九州・沖縄支部 / / p710~724
  • 急告:第44回日本リウマチ学会総会・学術集会の一部変更のお知らせ / / 巻頭
  • 第44回総会・学術集会告知(2)/演題申込要項・用紙/演題受付記録用紙/支部学術集会(第9回北海道・東北支部,第10回関東支部,第9回近畿支部,第10回中国・四国支部,第19回九州・沖縄支部)/1999年度日本リウマチ学会教育研修会/「リウマチ学用語集」改訂版の刊行について/平成12年度リウマチ登録医募集 / / 巻頭
  • 1999年度第1回幹事会報告/JJR Vol.9-2目次/日本リウマチ財団教育研修委員会から/第14回日本臨床リウマチ学会総会(2)/訂正 / / p725~729
  • 日本リウマチ学会認定医資格試験 トレーニング問題と解説 / / p730~733
  • 医薬品等安全性情報(No.155) / / p734~735
  • "JJR"投稿・発行規定 / / 巻末

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 リウマチ
著作者等 日本リウマチ協会
日本リウマチ学会
書名ヨミ リウマチ
書名別名 The Ryumachi

Official journal of Japan College of Rheumatology
巻冊次 39(4)
出版元 日本リウマチ学会
刊行年月 1999-08
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03009157
NCID AN0024807X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00024117
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想