整形外科 = Orthopedic surgery  14(12)

南江堂

国立国会図書館雑誌記事索引 1(3):1950-34(13):1983.12 ; 52(1)=603:2001.1-;本タイトル等は最新号による;[1巻1号 (1950年)]-27巻7号 (1976年6月) ; 27巻8号 = 285冊 (1976年7月)-;総目次あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 臼蓋形成術の検討 / 宮城//成圭 / 1001~1010<9090474>
  • 先天性骨系統疾患の手術的治療 / 花北//良臣 / 1011~1034<9090479>
  • Abrodil-myelography水溶性脊髄腔造影剤使用経験-2- / 銅冶//倫 / 1034~1040<9090471>
  • 腰部椎間板ヘルニアの興味ある再手術治験例 / 松原//保 / 1042~1046<9090478>
  • いわゆるKantenabtrennungについて / 津田//多加良 / 1047~1051<9090473>
  • 蛋白同化ホルモンにより症状の著明な改善をみた乳癌骨転移例 / 桜田//允也 / 1051~1055<9090480>
  • 距骨に発生した骨巨細胞腫瘍の1例 / 千田//武 / 1057~1059<9090476>
  • Durabolinによって修復されたSudeck骨萎縮症例 / 小山田//虎丸 / 1059~1063<9090472>
  • 関節拘縮に対するA.T.P.の使用経験 / 岡田//正三 / 1063~1065<9090475>
  • 臨床談論 東大クリニカル・コンファレンス / 三木威勇治 ほか / p1066~1068
  • 股関節形成術-2- / 片山//良亮 / 1069~1076<9090477>
  • 歴史 田代義徳先生のこと 6 / 田代秀徳 / p1077~1082
  • 誌説 生活整形外科 / 飯野三郎 / p1041~1041
  • サリドマイド奇形,螢光抗体法 / K.S.
  • S.A. / p1056~1056
  • 診療余卓 恨みは深し先天性股関節脱臼 / T. M. / p1010~1010
  • 診療余卓 アキレス腱縫合の要領 / M. F. / p1040~1040
  • 診療余卓 学会の開催日を問う / S. K. / p1065~1065
  • 第37回日本整形外科学会総会予告 / / p1083~1083
  • 研修会のお知らせ / / p1068~1068
  • 編集後記 / S. I. 生 / p1084~1084

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 整形外科 = Orthopedic surgery
著作者等 南江堂
書名ヨミ セイケイ ゲカ = Orthopedic surgery
書名別名 Orthopedic surgery

Seikei geka
巻冊次 14(12)
出版元 南江堂
刊行年月 1963-11
ページ数
大きさ 26-29cm
ISSN 00305901
NCID AN00126560
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00012970
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想