小児科診療  57増刊号(659)

診断と治療社

国立国会図書館雑誌記事索引 16 (4) 1953.04~;本タイトル等は最新号による;CD-ROMとも;16巻4号(Apr. 1953)~;総目次・総索引あり;改題注記 : 「児科診療」の改題

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 小児アレルギー診療マニュアル〔含 索引〕 / p1~255,目次巻頭8p<3884459>
  • 小児のアレルギー診療 / 馬場実 / p1~2
  • I アレルギーの基礎知識 / / p5~25,27~52,55~66
  • 化学伝達物質とアレルギー / 永倉俊和 / p5~11
  • サイトカインとアレルギー / 野間剛 / p12~20
  • IgE抗体産生 / 矢田純一 / p21~25
  • 高親和性IgE受容体FcεRI / 高井敏朗・他 / p27~32
  • 低親和性IgE受容体FcεRII / 片村憲司・他 / p33~36
  • アレルギー炎症と好酸球 / 藤沢隆夫 / p37~41
  • アレルギーと肥満細胞 / 森田寛 / p42~46
  • アレルギーと遺伝1--鼻アレルギーと遺伝 / 宇野正志・他 / p47~52
  • アレルギーと遺伝2--アトピー疾患と遺伝 / 白川太郎・他 / p55~62
  • アレルゲン性とは何か? / 小林一郎・他 / p63~66
  • II アレルギー疾患の診断 / / p69~76,78~80,81~93,95~108,111~120
  • 病歴と検査1--問診,現症 / 佐々木聖 / p69~72
  • 病歴と検査2--IgEおよび各種特異的IgEの測定 / 岩崎栄作 / p73~76
  • 病歴と検査3--特異的IgGの意義 / 伊藤節子 / p78~80
  • 病歴と検査4--肺機能 / 加野草平・他 / p81~84
  • アレルゲン決定検査1--抗原吸入テスト / 市村登寿 / p85~86
  • アレルゲン決定検査2--食物負荷試験 / 近藤直実 / p87~93
  • アレルゲン決定検査3--鼻粘膜誘発テスト / 遠藤朝彦 / p95~97
  • アレルゲン決定検査4--鼻粘膜細胞診 / 下条直樹・他 / p98~100
  • アレルゲン決定検査5--皮膚テスト / 尾登誠・他 / p101~105
  • アレルゲン決定検査6--パッチテスト / 大沢純子・他 / p106~108
  • 気道過敏性テスト1--アストグラフによる測定 / 杉本和夫 / p111~114
  • 気道過敏性テスト2--アセチルコリン,ヒスタミン,運動負荷テストの相互関係 / 五藤和子・他 / p115~117
  • 気道過敏性テスト3--乳幼児の気道過敏性 / 森川昭廣 / p118~120
  • III アレルギー疾患の治療の原則 / / p125~129,131~140,143~147
  • 抗原回避 / 鳥居新平 / p125~129
  • 減感作療法 / 柴崎正修 / p131~134
  • 抗アレルギー薬の機序 / 吉田隆実 / p135~140
  • 非特異的変調療法 / 寺道由晃 / p143~147
  • IV アレルギー疾患の診療の実際 / / p151~156,159~162,165~186,189~228
  • 気管支喘息1--総論 / 三河春樹 / p151~153
  • 気管支喘息2--β刺激剤(内服) / 山田政功 / p154~156
  • 気管支喘息3--キサンチン系剤 / 正木拓朗 / p159~162
  • 気管支喘息4a--吸入療法(1)インタール®,β₂刺激薬吸入 / 西川清 / p165~167
  • 気管支喘息4b--吸入療法(2)ステロイド(ベクロメタゾン)吸入 / 向山徳子 / p168~170
  • 気管支喘息5--重積発作の治療 / 小田嶋博 / p171~175
  • 気管支喘息6--心理療法 / 山下淳・他 / p176~179
  • 気管支喘息7--鍛練療法 / 杉本日出雄 / p180~183
  • 乳幼児の喘鳴 / 永山洋子 / p184~186
  • アレルギー性鼻炎 / 斎藤洋三 / p189~191
  • アレルギー性結膜炎 / 田中靖彦 / p192~194
  • 蕁麻疹 / 赤坂徹 / p195~199
  • 薬剤アレルギー / 四宮敬介 / p200~202
  • アトピー性皮膚炎1--治療の原則 / 三島健 / p203~205
  • アトピー性皮膚炎2--食物アレルギー / 小倉英郎・他 / p206~209
  • アトピー性皮膚炎3--チリダニアレルギー / 阿南貞雄・他 / p210~212
  • 運動誘発喘息 / 椛沢靖弘 / p213~215
  • 食物依存性運動誘発アナフィラキシー / 芥川宏・他 / p216~218
  • アレルギーと慢性下痢 / 永田智・他 / p219~221
  • アレルギー児と予防接種 / 山崎扶佐江・他 / p222~225
  • アレルギー児と外科手術 / 羽鳥文麿 / p226~228
  • Q&A (1) 喘息治療の新しいガイドラインのポイントは? / 三河春樹 / p231~231
  • Q&A (2) 喘息は本当に増えているのか? / 小田嶋博 / p232~232
  • Q&A (3) 抗アレルギー剤の使用と中止のめやすは? / 吉田隆実 / p233~233
  • Q&A (4) RTC療法とは何か?血中濃度がモニターできない時のテオフィリン投与量のめやすは? / 正木拓朗 / p234~234
  • Q&A (5) Metered Dose Inhaler(いわゆるポケット吸入)のスペーサーとは何か?またその使用方法は? / 西川清 / p235~235
  • Q&A (6) 吸入用β刺激剤の功罪について / 西川清 / p236~236
  • Q&A (7) 吸入用ステロイド薬(ベクロメタゾン)の用い方は? / 向山徳子 / p237~237
  • Q&A (8) いわゆる「ゼイゼイ」する乳幼児の治療法は? / 三島健 / p238~238
  • Q&A (9) 運動誘発喘息の薬による予防と日常管理について / 椛沢靖弘 / p239~239
  • Q&A (10) 喘息児の運動会・遠足等参加時の注意点は? / 杉本日出雄 / p240~240
  • Q&A (11) 喘息児の旅行で気をつける点は? / 杉本日出雄 / p241~241
  • Q&A (12) 防ダニ布団は有効か? / 鳥居新平 / p242~242
  • Q&A (13) 花粉症の治療は軽症・中等症・重症でどのように異なるのか? / 斎藤洋三 / p243~243
  • Q&A (14) 花粉症に減感作療法は有効か? / 斎藤洋三 / p244~244
  • Q&A (15) アレルギー性鼻炎に合併した副鼻腔炎の診断と治療法は? / 遠藤朝彦 / p245~245
  • Q&A (16) アトピー性皮膚炎の治療にステロイド軟膏またはクリームを単剤で用いるのは誤っているか? / 大沢純子・他 / p246~246
  • Q&A (17) アトピー性皮膚炎に沐浴剤は有効か? / 田中洋一・他 / p247~247
  • Q&A (18) ステロイド皮膚炎とは何か?またその見分け方と治療法は? / 大沢純子・他 / p248~248
  • Q&A (19) 喘息,アトピー性皮膚炎と不登校が合併した場合の対策は? / 赤坂徹 / p249~249
  • Q&A (20) 薬剤アレルギーの頻度とその対策は? / 四宮敬介 / p250~250
  • Q&A (21) 第1子がアトピー性皮膚炎の場合,第2子妊娠中に気をつけることは? / 柴崎正修 / p251~251
  • Q&A (22) 母乳はアレルギーの予防に有効か? / 永田智・他 / p252~252
  • Q&A (23) 食物アレルギー児の給食への対応の仕方について / 小倉由紀子 / p253~253
  • Q&A (24) 食物アレルギー児の制限食の功罪は? / 西美和 / p254~254
  • Q&A (25) 今後使用が予想される抗アレルギー剤にはどのようなものがあるか? / 永倉俊和 / p255~255

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 小児科診療
著作者等 診断と治療社
書名ヨミ ショウニカ シンリョウ
書名別名 Journal of pediatric practice

The Journal of pediatric practice

Shonika shinryo
巻冊次 57増刊号(659)
出版元 診断と治療社
刊行年月 1994-04
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03869806
NCID AN00116126
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00011508
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想