小児科診療  53(9)(611)

診断と治療社

国立国会図書館雑誌記事索引 16 (4) 1953.04~;本タイトル等は最新号による;CD-ROMとも;16巻4号(Apr. 1953)~;総目次・総索引あり;改題注記 : 「児科診療」の改題

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 主題 感染症--最近の話題 / / p2019~2031,2033~2046,2047~2058,2061~2075,2077~2089,2091~2101,2103~2126,2127~2142,2143~2149,2151~2166,2169~2174,2175~2181
  • 綜説 日本におけるライム病の現況 病因および疫学/臨床症状および所見/診断と治療/日本における状況 / 井口和幸・他 / p2019~2024
  • 綜説 MMRワクチンの現状と動向 MMRワクチンの開発経緯/MMRワクチンの接種方法/MMRワクチン接種後の臨床反応および免疫反応(開発段階まで)/まれな副反応/髄液中から分離されたウイルス株の同定法/MMRワクチン接種後の無菌性髄膜炎/ワクチンによる無菌性髄膜炎の予後/今後のMMRワクチンの扱い方 / 杉下知子 / p2025~2031
  • 綜説 小児と坐剤--とくに抗生物質坐剤--直腸(肛門)坐剤の利点/小児直腸坐剤使用の実際 / 市橋治雄 / p2033~2040
  • 綜説 小児感染症に対するサイトカインの臨床応用 感染症に関する主なサイトカイン/サイトカインの臨床応用 / 崎山幸雄 / p2041~2046
  • 1病院における感染症サーベイランス / 久米正法・他 / p2047~2053
  • 麻疹ムンプス風疹三種混合生ワクチン(阪大微研製MMRワクチンLot 114)の抗体産生能および副反応 / 齋藤剛・他 / p2054~2058
  • ムンプスワクチン接種後の抗体保有について / 富沢修一・他 / p2061~2065
  • ムンプス不顕性感染率の検討 / 富沢修一・他 / p2066~2069
  • ムンプス自然感染者とワクチン接種者におけるIgGサブクラス抗体の動態について / 富沢修一・他 / p2070~2075
  • 小児咽頭結膜熱の臨床ウイルス学的検討 / 西野泰生・他 / p2077~2083
  • エコーウイルス18型による発疹症の臨床的観察 / 西野泰生 / p2084~2089
  • 1988年夏季に,山形県庄内地区で流行したエコー18型ウイルス感染症 / 小野塚喜恵・他 / p2091~2096
  • 岡山県井原市地域での冬季乳幼児胃腸炎における臨床症状および電気泳動法によるロタウイルスRNAパターンの経時的変動 / 河野祥二・他 / p2097~2101
  • 臨床的にmalignant histiocytosisとvirus associated hemophagocytic syndromeの鑑別が困難であった1例 / 勝又大助・他 / p2103~2108
  • 5歳男児の帯状疱疹の1例 :EBウイルス感染がひきがねになったと思われる症例 / 畑江泰子・他 / p2109~2113
  • 乳幼児における肺炎マイコプラズマ肺炎の臨床像 / 久米正法・他 / p2114~2120
  • 髄膜炎を合併したマイコプラズマ肺炎,6症例の臨床的検討 / 水田俊・他 / p2121~2126
  • 幼若乳児百日咳の4例 / 七条孝三郎・他 / p2127~2132
  • Bacteroides fragilisによる化膿性髄膜炎の1新生児例 / 杉江信之・他 / p2133~2137
  • 川崎病様の症状で発症したYersinia pseudotuberculosis感染症の1例 / 山下俊一・他 / p2138~2142
  • 小児より臨床分離された肺炎球菌の薬剤感受性,とくにPenicillin低感受性菌の出現について / 黒崎知道・他 / p2143~2149
  • Ceftriaxoneに伴う一過性胆囊内沈澱物を認めた1男児例 / 中野徳・他 / p2151~2155
  • 化膿性髄膜炎後に薬剤性免疫不全症をきたした1例 / 浦島充佳・他 / p2156~2161
  • 尿路感染症を併発した末梢部尿道狭窄の3女児例 / 菊田芳克・他 / p2162~2166
  • 好酸球性筋膜炎の1女児例 / 小川英伸・他 / p2169~2174
  • サーファクタント投与後肺出血を起こしたRDSの2例 / 松尾泰孝・他 / p2175~2181
  • アメリカで良い小児医療はどこで行われているか? / / p1999~1999
  • Essay Series 国際小児科学会余滴(9) IPAの新しい道-Dogramaci教授の参加- / 小林登 / p2000~2001
  • 臨床講義 悪性リンパ腫 (バーキット・リンパ腫/白血病) / 藤本孟男 / p2003~2010
  • 新しい検査法--細菌学的検査-2- / 砂川//慶介
  • 秋田//博伸 / p2011~2014<3684583>
  • Photo Quiz 第21回 / 帝京大学医学部 / p2015~2017
  • 海外小児科展望 近着海外文献抄録 / 慶応義塾大学医学部 / p2183~2186
  • 海外小児科展望 新刊書紹介 / 東京慈恵会医科大学 / p2187~2188
  • 診療と研究 腹部CTによる「心房臓器錯位症候群」の脾の形態診断 / 篠原徹・他 / p2191~2197
  • 診療と研究 若年性関節リウマチの尿異常 / 林三樹夫・他 / p2199~2204
  • 症例報告 Disodium cromoglycateが効を示し,アレルギーが原因と思われた起立性調節障害の1症例 / 西野力男・他 / p2207~2210
  • 薬剤の臨床 小児ヘルペスウイルス皮膚疾患に対するAra-A(adenine arabinoside,Vidarabine)の外用薬の使用経験 / 松田幸久・他 / p2211~2215
  • 今月の執筆者 / / p2216~2217
  • バックナンバー / / p2113~2113
  • 次号予告 / / p2186~2186
  • 投稿規定 / / p2224~2224
  • 編集後記 / 加藤英夫 / p2226~2226
  • お知らせ / / p2014~2014,2024~2024,2031~2031,2040~2040,2069~2069,2083~2083,2089~2089,2108~2108,2132~2132,2155~2155,2161~2161,2174~2174,2181~2181,2186~2186

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 小児科診療
著作者等 診断と治療社
書名ヨミ ショウニカ シンリョウ
書名別名 Journal of pediatric practice

The Journal of pediatric practice
巻冊次 53(9)(611)
出版元 診断と治療社
刊行年月 1990-09
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03869806
NCID AN00116126
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00011508
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想