産婦人科の世界  14(5)

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 2 (1) 1950.01~35 (11) 1983.11 ; 57 (2) 2005.02~59 (12) 2007.12;本タイトル等は最新号による;1巻1号~59巻12号(2007年12月);以後休刊;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 産婦人科診療の盲点をつく / / p3~179
  • II 産科編 / / p3~9,11~63,65~75,77~85,87~97,99~123,125~131,133~136,137~175,177~179
  • 産婦人科における医療過誤の実例と司法家の観点 / 丸山//正次 / 3~9<9065139>
  • 産科 / / p11~63,65~75,77~85,87~97,99~123,125~131,133~136,137~175
  • 胞状奇胎・絨毛上皮腫診療の盲点 / 秦//良麿 / 11~15<9065157>
  • 胞状奇胎・絨毛上皮腫診療の盲点をつく / 夏目//操 / 16~25<9065158>
  • 絨毛上皮腫の診療における2,3の問題点 / 三宅//秀郎 / 26~31<9065164>
  • 胞状奇胎診療の要点について / 渡辺//行正 / 32~37<9065159>
  • 胞状奇胎・絨毛上皮腫 / 宿輪//亮三 / 38~43<9065156>
  • 妊娠の診断 / 小川//正己 / 45~47<9065153>
  • 妊娠の診断 / 坂倉//啓夫 / 48~54<9065154>
  • 頭部奇形児妊娠の診断 / 松浦//鉄也 / 55~60<9065152>
  • 双胎の診断 / 山村//博三 / 61~63<9065147>
  • 東京大学医学部産科婦人科学教室における最近5ヵ年間骨盤位分娩の臨床統計と児の予後に関する一考察 / 唐沢//陽介 / 65~75<9065151>
  • 羊水過多と診療過誤 / 竹内//繁喜 / 77~80<9065162>
  • 羊水過多症 / 山口//竜二 / 81~85<9065163>
  • 前置胎盤診療の盲点をつく / 川上//博 / 87~91<9065146>
  • 前置胎盤 / 品川//信良 / 92~97<9065145>
  • 産院の診療で注意すべき事 / 三谷//茂 / 99~101<9065138>
  • 新生児処置の盲点 / 室岡//一 / 102~108<9065141>
  • 周産期における児の病態 / 小国//親久 / 109~116<9065140>
  • 麻酔による過誤 / 徳田//源市 / 117~124<9065160>
  • 麻酔の過誤 / 長内//国臣 / 125~131<9065161>
  • 手術 / / p133~136,137~175
  • 帝王切開の過誤 / 安井//修平 / 133~136<9065150>
  • 帝王切開に関する私の見解と方針 / 尾島//信夫 / 137~139<9065148>
  • 帝王切開の過誤 / 森//武史 / 140~150<9065149>
  • 病理組織学的観点からみた人工妊娠中絶について / 蜂屋//祥一 / 151~160<9065155>
  • 人工中絶における過誤 / 深町//庫次 / 161~167<9065142>
  • 人工中絶時の大出血,とくに頸管妊娠について / 谷山//清司 / 168~170<9065143>
  • 人工妊娠中絶 / 野末//源一 / 171~174<9065144>
  • ガーゼ,器械遺残 ガーゼ遺残の経験例 / 秦清三郎 / p175~175
  • 誤診こぼれ話 / 森山豊 / p177~179

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 産婦人科の世界
著作者等 医学の世界社
書名ヨミ サンフジンカ ノ セカイ
書名別名 The world of obstetrics & gynecology

Sanfujinka no sekai
巻冊次 14(5)
出版元 医学の世界社
刊行年月 1962-05
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03869873
NCID AN00099504
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00009608
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想