産婦人科の世界  16(3)

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 2 (1) 1950.01~35 (11) 1983.11 ; 57 (2) 2005.02~59 (12) 2007.12;本タイトル等は最新号による;1巻1号~59巻12号(2007年12月);以後休刊;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 無月経 / / p5~104
  • シンポジウム 無月経の治療基準に関する検討 / / p5~17,19~23,25~45,47~62,63~70,71~78,79~79<9065566>
  • 1.EstrogenおよびGestagen療法 / / p5~17,19~23,25~26
  • 無月経患者のEstrogenおよびProgesterone療法 / 石塚直隆・他 / p6~12
  • Gestagen剤の種類と無月経に対する出血効果 / 徳田源市 / p13~17
  • Kupperman方式による無月経治療法をめぐつての2,3の問題点--特に子宮内膜におけるEstrogen primingの指標としての腺上皮細胞の核下空胞の意義について / 中山徹也・他 / p19~23
  • Estrogen,Gestagen療法の追加 / 的埜中 / p25~25
  • 2.Gonadotropin療法 / / p27~45
  • Gonadotropinによる無月経の治療基準に関する検討 / 藤井久四郎 / p28~32
  • 無月経のGonadotropin療法 / 東条伸平 / p33~36
  • 月経異常に対するEstrogen feedback testおよびGonadotropin stimulation testの臨床応用 / 足高善雄・他 / p37~39
  • 排卵障害に対するClomipheneの効果 / 露口元夫 / p40~40
  • Gonadotropinによる排卵誘発成績 / 佐藤昭吾 / p41~42
  • 持続性協力性性腺刺激Hormoneによる排卵誘発効果 / 上村孝夫・他 / p43~44
  • 3.甲状腺ホルモン療法 / / p47~52
  • 無月経の甲状腺療法 / 植田安雄 / p47~50
  • 甲状腺ホルモン療法 / 中嶋唯夫 / p51~51
  • 4.副腎皮質ホルモン療法 / / p53~62,63~66
  • 副腎皮質ホルモン療法,特にDehydroepiandrosteroneの意義について / 赤須文男・他 / p53~59
  • 副腎皮質ホルモンによる排卵誘発法 / 松本清一 / p60~62,63~63
  • 副腎皮質ホルモン療法 / 岡村靖・他 / p64~64
  • 種々の療法に抵抗しBethamethasone投与により直ちに妊娠した無月経症の1例 / 九嶋勝司・他 / p65~65
  • 5.自律神経剤療法 / / p67~70,71~72
  • 自律神経剤療法 / 坂倉啓夫 / p67~70
  • 精神安定剤による排卵誘発成績 / 藤間幸道 / p71~71
  • 6.卵巣楔状切除術 / / p73~78,79~79
  • 楔形切除術 / 田中良憲 / p73~76
  • 内膜増殖症に対する卵巣楔状切除について / 蜂屋祥一 / p77~78,79~79
  • 治療困難な無排卵症の症例検討 / / p80~100
  • 第1群 1.治療困難だつた持続性無排卵症の自然治癒例 / 佐藤昭吾・他 / p81~83
  • 第1群 2.治療困難な無排卵の症例 / 高山忠夫・他 / p84~85
  • 第1群 3.治療困難な無排卵の症例 / 的埜中 / p87~88
  • 第1群 4.治療困難な無月経症例について / 岡村靖・他 / p89~89
  • 第2群 5.間脳下垂体系機能不全に起因すると思われる無月経患者の性腺機能検査例 / 井上欣也・他 / p90~93
  • 第2群 6.無月経を主訴とするSheehan症候群およびTurner症候群の各症例とその内分泌学的考察 / 足高善雄・他 / p94~95
  • 第3群 7.治療困難な無排卵症へのラパロスコピーの応用 / 山本浩・他 / p97~97
  • 第3群 8.頑固な無月経に対する卵胞卵移植のこころみ / 林基之 / p99~100
  • ホルモン使用の今昔 / 的埜中 / p102~102
  • 女性ホルモン研究の将来 / 鈴木雅洲 / p103~103
  • 内分泌懇話会に出席して / 蜂屋祥一 / p104~104
  • 業績展望-産科手術ならびに産科麻酔の動向-2- / 小野 和男 / 105~112<9065557>
  • 新しいGestagen剤,17α-acetoxy-6-chloro-pregna-4,6-diene-3,20-dioneとEthinylestradiol-3-methylether混合剤の実験的臨床的成績 / 渡辺 重雄 / 113~119<9065560>
  • 新しい経口Gestagen,17α-acetoxy-6 methylpregna-4,6-diene 3,20-dioneについて / 一宮 勝也 / 121~127<9065561>
  • 産婦人科領域におけるThioridazine(Melleril)の使用経験 / 森 武史 / 129~132<9065558>
  • 機能性出血・無月経に対する17-ethinyl-19-nortestosteroneとEthinylestradiol 3-methyletherの使用経験 / 石上 統 / 133~135<9065556>
  • 成熟新生児に対するアスパラギン酸塩の使用経験 / 伊藤 剛男 / 137~140<9065562>
  • 婦人科領域(特に自律神経症)におけるNiamidの使用経験 / 楠田 雅彦 / 141~145<9065565>
  • 乳房鬱積に対するキモプシンの使用成績について / 野中 正寛 / 147~149<9065563>

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 産婦人科の世界
著作者等 医学の世界社
書名ヨミ サンフジンカ ノ セカイ
書名別名 The world of obstetrics & gynecology

Sanfujinka no sekai
巻冊次 16(3)
出版元 医学の世界社
刊行年月 1964-03
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03869873
NCID AN00099504
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00009608
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想