産婦人科の実際 = Obstetrical and gynecological practice  41(9)

国立国会図書館雑誌記事索引 1 (1):1952.01-32(10):1983.9 ; 50(1):2001.1-;本タイトル等は最新号による;60巻1号以降の並列タイトル: Obstetrical and gynecological practice;別冊あり;1巻1号-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 今日の話題 HLA-Gと妊娠 / 藤井知行 ほか / p1311~1314
  • 特集 血液疾患合併妊婦の取り扱い方 / 寺尾俊彦 / p1316~1391
  • 妊婦貧血に対する考え方 / 鈴木正彦 / p1317~1325
  • 妊婦に発生するDICとその対策 / 雨宮章 / p1327~1331
  • 先天性血液凝固異常症と妊娠 / 西口富三 ほか / p1333~1338
  • 溶血性疾患合併妊娠 / 後藤薫 ほか / p1339~1345
  • 白血病と妊娠 / 檀和夫 / p1347~1351
  • 再生不良性貧血 / 吉田啓治 / p1353~1357
  • ITP合併妊娠の周産期管理 / 鈴木重統 ほか / p1359~1365
  • 抗リン脂質抗体症候群 / 青木耕治 / p1367~1372
  • HELLP症候群 / 寺尾俊彦 ほか / p1373~1379
  • HIV感染症 / 小林隆夫 / p1381~1391
  • Gynecologic Pathology Conference Series(5) / 待木信和
  • 横山志郎
  • 落合和徳
  • 寺島芳輝
  • 宮坂有里
  • 清川貴子
  • 古里征国
  • 藍沢茂雄 / p1307~1310
  • 浸透性頸管拡張器であるLamicel挿入による妊娠ラット子宮頸管における形態学的変化について / 早田孝敬 ほか / p1393~1396
  • 胎盤と線溶系 ヒト胎盤絨毛皮刷子縁膜小胞による線溶亢進 / 飯岡秀晃 ほか / p1397~1400
  • 子宮頸部予備細胞の起源とその生物学的特性に関する免疫組織化学的研究 / 池上淳 ほか / p1401~1406
  • 臨床経験 術後鎮痛目的としての塩酸モルヒネ硬膜外投与の効果 / 森俊彦 ほか / p1407~1410
  • 治験 子宮筋腫に対するZoladex Depotの効果 / 堂地勉 ほか / p1411~1418
  • 症例 生児を得た頸管妊娠の1例 / 会沢芳樹 ほか / p1419~1422
  • 症例 ネフローゼ症候群を呈し子宮内胎児死亡に至った妊娠中毒症の1例 / 笹秀典 ほか / p1423~1426
  • 症例 HELLP症候群類似症状を呈した薬物性肝障害の1例 / 村上典子 ほか / p1427~1430
  • 症例 甲状腺機能亢進症を疑われた若年胞状奇胎妊娠の1症例 / 石川和明 ほか / p1431~1434
  • 症例 Mirror Syndromeについて / 古橋信晃 ほか / p1435~1438
  • 症例 稀な莢膜細胞腫の2症例 / 高橋弘幸 ほか / p1439~1443
  • Overseas Medical News / 矢沢珪二郎 / p1404~1404,1405~1405
  • 海外文献紹介 / 鈴木永純
  • 多田聖郎 / p1406~1406
  • 学会案内 / / p1325~1325,1365~1365,1372~1372,1379~1379,1391~1391,1400~1400
  • 投稿規定 / / p1445~1445
  • 次号目次 / / p1446~1446

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 産婦人科の実際 = Obstetrical and gynecological practice
著作者等 金原出版株式会社
書名ヨミ サンフジンカ ノ ジッサイ = Obstetrical and gynecological practice
書名別名 Sanfujinka no jissai
巻冊次 41(9)
出版元 金原
刊行年月 1992-09
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 05584728
NCID AN00099479
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00009606
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想