産婦人科の実際 = Obstetrical and gynecological practice  43(4)

国立国会図書館雑誌記事索引 1 (1):1952.01-32(10):1983.9 ; 50(1):2001.1-;本タイトル等は最新号による;60巻1号以降の並列タイトル: Obstetrical and gynecological practice;別冊あり;1巻1号-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 帝王切開を考える / 佐藤郁夫 / p411~642
  • 企画にあたって / 佐藤郁夫 / p409~409
  • 正期産における帝王切開の年次推移 / / p411~419,421~425
  • 1.帝王切開率の年次推移 / 篠塚憲男 ほか / p411~414
  • 2.最近10年間の当科における正期産帝王切開術の頻度と適応の推移について / 明城光三 ほか / p415~419
  • 3.帝王切開率は増えているか? 背景への考案 / 石川孝次 / p421~425
  • Agingと帝王切開 / / p427~437
  • 1.高齢産婦と帝王切開 / 中村敬 / p427~434
  • 2.若年産婦と帝王切開 / 鮫島浩 ほか / p435~437
  • 胎児仮死と帝王切開 / / p439~447,449~462
  • 1.胎児モニタリングと帝王切開 / 太田孝夫 / p439~447
  • 2.胎児モニタリングと帝王切開 / 北尾学 ほか / p449~454
  • 3.羊水過少に伴う胎児仮死と帝王切開 羊水補充療法を中心に / 今中基晴 ほか / p455~458
  • 4.羊水過少と帝王切開 / 原量宏 / p459~462
  • CPDと帝王切開 / / p463~473,475~478
  • 1.CPDと帝王切開 / 前田光士 ほか / p463~473
  • 2.CPDと帝王切開 / 箕浦茂樹 ほか / p475~478
  • 遷延分娩と帝王切開 / / p479~487
  • 1.頸管因子 / 齋藤良治 ほか / p479~482
  • 2.陣痛因子 / 田中政信 ほか / p483~487
  • 骨盤位と帝王切開 / / p489~501,503~507
  • 1.当院における帝王切開の適応と変遷 骨盤位を中心として / 雨森良彦 ほか / p489~496
  • 2.FPDと帝王切開 / 進純郎 ほか / p497~501
  • 3.外国における骨盤位と帝王切開の現状 / 遠藤力 ほか / p503~507
  • (辺縁・部分)前置胎盤と帝王切開 / / p509~513,515~518
  • 1.前置胎盤と帝王切開 / 中村幸雄 ほか / p509~513
  • 2.前置胎盤と帝王切開 / 佐藤啓治 / p515~518
  • 胎盤早期剝離と帝王切開 / / p519~529
  • 1.胎盤早期剝離と帝王切開 / 吉永光裕 ほか / p519~522
  • 2.常位胎盤早期剝離と帝王切開 / 大塚博光 ほか / p523~526
  • 3.胎盤早期剝離と帝王切開 / 多田克彦 ほか / p527~529
  • 多胎妊娠と帝王切開 / / p531~533,535~539
  • 1.多胎妊娠と帝王切開 / 安水洸彦 / p531~533
  • 2.多胎妊娠と帝王切開 / 平岡仁司 ほか / p535~539
  • 過期妊娠と帝王切開 / / p541~543,545~548
  • 1.過期妊娠と帝王切開 / 石川睦男 ほか / p541~543
  • 2.過期妊娠と帝王切開 / 小川隆吉 ほか / p545~548
  • 反復帝王切開はどこまで可能か / / p549~551,553~556
  • 1.反復帝王切開の現況 / 小林俊文 ほか / p549~551
  • 2.既往帝王切開例の問題点と管理 / 竹田省 ほか / p553~556
  • 子宮筋腫と帝王切開 / / p557~565
  • 1.子宮筋腫と帝王切開 / 北川博之 ほか / p557~560
  • 2.子宮筋腫と帝王切開 / 木村好秀 ほか / p561~565
  • 産道感染と帝王切開 / 川名尚 ほか / p567~571
  • PROMと帝王切開 / / p573~579
  • 1.PROMと帝王切開 / 前原佳代子 ほか / p573~574
  • 2.PROM(絨毛羊膜炎)と帝王切開 / 千村哲朗 / p575~579
  • 巨大児と帝王切開 / / p581~588
  • 1.巨大児と帝王切開 / 金岡毅 / p581~584
  • 2.巨大児と帝王切開 巨大児の肩甲難産と分娩損傷はさけられるか / 森山郁子 ほか / p585~588
  • 帝王切開時の胎児娩出法 / / p589~596
  • 1.帝王切開時の胎児娩出法 / 濱田悌二 ほか / p589~592
  • 2.帝王切開時における胎児娩出法 / 舘野政也 / p593~596
  • 帝王切開時の臍帯切断のクイミング / 柳田洋一郎 / p597~599
  • 帝王切開の切開法 / / p601~606
  • 1.腹膜外法 / 工藤隆一 ほか / p601~606
  • 帝王切開時のアクシデント / / p607~609,611~613,615~617,619~621
  • 1.血腫 / 玉舎輝彦 / p607~609
  • 2.縫合不全 / 佐藤郁夫 / p611~613
  • 3.尿管損傷 / 八神喜昭 ほか / p615~617
  • 4.膀胱損傷 / 望月眞人 ほか / p619~621
  • 帝王切開後に発生する瘢痕に対するレーザー治療 / 大城俊夫 / p623~626
  • 私共の行う帝王切開術 / / p627~633,635~637,639~642
  • 1.私共の行う帝王切開術 / 竹内譲 ほか / p627~630
  • 2.私共の行う帝王切開術 / 森岡信之 ほか / p631~633
  • 3.私共の行う帝王切開 / 椋棒正昌 ほか / p635~637
  • 4.私の行う帝王切開 / 大村清 / p639~642

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 産婦人科の実際 = Obstetrical and gynecological practice
著作者等 金原出版株式会社
書名ヨミ サンフジンカ ノ ジッサイ = Obstetrical and gynecological practice
巻冊次 43(4)
出版元 金原
刊行年月 1994-03
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 05584728
NCID AN00099479
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00009606
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想