産科と婦人科  54(10)(634)

診断と治療社

国立国会図書館雑誌記事索引 17 (1) 1950.01~;本タイトル等は最新号による;CD-ROMとも;[1巻1号]~;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集/流産 / / p1757~1803
  • 序文 / 谷澤修 / p1757~1757
  • 流産の定義の変遷 / 松山栄吉 / p1758~1766
  • 切迫流産の予後 / 今井史郎・他 / p1769~1776
  • 稽留流産の診断 / 福田透・他 / p1779~1786
  • Lupus Anticoagulantと習慣性流産 / 大槻芳朗・他 / p1789~1793
  • 流産のリスク因子と保健指導 / 竹村秀雄 / p1796~1803
  • 綜説 細胞膜における情報の受容・変換・伝達機構--産科婦人科領域での応用 / 今井篤志・他 / p1805~1812
  • 生涯教育シリーズ 妊娠中毒症 / 望月眞人・他 / p1813~1824
  • 周産期における超音波画像と病理シリーズ 2.胎児奇形の超音波画像診断と病理-その4内臓の奇形と腫瘍- / 今井史郎・他 / p1827~1834
  • 臨床研究 子宮内膜症に対するBuserelin療法 / 松本玲子・他 / p1837~1843
  • 臨床研究 ハイゴナビス,hCG-RIA(CIS-PRキット),hCG-EIA(TH-83E)の絨毛性疾患管理における臨床応用 / 小林治・他 / p1845~1848
  • 臨床研究 分娩難易を左右する諸因子の検討(第1報)-妊産婦の体重が分娩に及ぼす影響について / 藤本智代・他 / p1851~1855
  • 臨床研究 術後癒着防止のための薬剤に関する基礎的検討 / 五味淵秀人・他 / p1856~1860
  • 臨床研究 𦜝帯真結節の臨床 / 木村好秀 / p1861~1866
  • 臨床研究 子宮体部uterine papillary serous carcinomaの細胞および組織像 / 山崎正人・他 / p1869~1872
  • 臨床研究 卵巣腫瘍患者末梢血および卵巣静脈血中CA125値と組織内局在性の検討 / 滝沢憲・他 / p1875~1879
  • 症例 妊娠29週にIleusを併発し,手術後,自然分娩した1症例 / 舟本寛・他 / p1880~1884
  • 症例 出生前診断にて出生後根治手術を行い救命しえた横隔膜ヘルニア症例 / 直原広明・他 / p1885~1889
  • 症例 新生児大胸筋欠損症の分娩例 / 小林仁・他 / p1891~1894
  • 症例 Low grade endometrial stromal sarcomaの1例 / 楠山洋司・他 / p1897~1900
  • 薬剤の臨床 尿中微量エストロゲン測定による切迫流産の予後判定について / 原利夫・他 / p1901~1904
  • 薬剤の臨床 卵巣癌に対するCAP療法時の尿中N-Acetyl-β-D-Glucosaminidase(NAG)値の変動--FOM併用時の変動 / 長田久文・他 / p1907~1910
  • 薬剤の臨床 産婦人科領域におけるPiperacillin(PIPC)の臨床効果 / 千村哲朗 / p1913~1915
  • 医見 無痛分娩を考える / 坂倉啓夫 / p1916~1920
  • 次号予告 / / p1803~1803
  • バックナンバー / / p1812~1812
  • 投稿規定 / / p1900~1900
  • お知らせ / / p1824~1824,1843~1843,1904~1904,1920~1920

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 産科と婦人科
著作者等 診断と治療社
書名ヨミ サンカ ト フジンカ
巻冊次 54(10)(634)
出版元 診断と治療社
刊行年月 1987-10
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03869792
NCID AN00098035
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00009425
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想