Brain and nerve  40(1)

国立国会図書館雑誌記事索引 32(1):1980.1-35(11):1983.11 ; 53(1):2001.1-;本タイトル等は最新号による;並列タイトル変遷: 脳と神経 (32巻1号-58巻12号);タイトル関連情報変遷: 神経研究の進歩 (59巻1号-67巻12号);32巻1号-;総目次あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 神経疾患における神経細胞のサイズの問題 / / p7~75
  • 正常における神経細胞サイズの諸問題 / 小林靖 / p7~21
  • 脊髄前角の神経細胞について / 今野秀彦 / p23~32
  • 変性性神経疾患における脊髄前根病変の特徴: 病変の軸索サイズ別選択性を中心に / 祖父江元 / p33~45
  • 種々の錐体外路系疾患および筋萎縮性側索硬化症における線条体ならびに脊髄神経細胞の定量形態的検討 / 小柳清光・他 / p47~54
  • 神経細胞のサイズ,とくに老化,アルツハイマー病と関連して / 朝長正徳 / p57~64
  • 第一次脊髄知覚ニューロン / 大西晃生 / p65~75
  • Atlanto-axial interspinous articulationの研究 その組織学的検討ならびに臨床的意義について / 長島親男・他 / p77~86
  • In vivoボルタメトリー法による脳虚血時のモノアミン神経伝達物質代謝の測定 / 小倉浩一郎・他 / p87~93
  • 追悼 畏友,椿忠雄君を憶う / 里吉營二郎 / p95~95
  • 海外文献抄録 / 大友英一 / p96~97
  • 症候学メモ(36)筋無力症状のチェックポイント / 平山惠造 / p93~93
  • 書評 「神経病レジデントマニュアル」栗原照幸・木下和夫著 / 柴崎浩 / p22~22
  • 書評 「神経内科ハンドブック鑑別診断と治療」水野美邦編集 / 金澤一郎 / p46~46
  • The 4th International Meeting of the Peripheral Neuropathy Association of America(PNAA) / / p21~21
  • 第3回神経研国際シンポジウムの御案内 / / p56~56
  • 投稿規定 / / p98~98
  • 文献の書き方(投稿に際してのお願い) / / p99~101
  • 次号予告 / / p64~64
  • 編集後記 / 生田房弘 / p102~102

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 Brain and nerve
著作者等 医学書院
書名別名 神経研究の進歩

脳と神経
巻冊次 40(1)
出版元 医学書院
刊行年月 1988-01
ページ数
大きさ 26-30cm
ISSN 18816096 (v. 59, no. 1)
NCID AN00144970
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00033410
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想