広島医学  11(11/12)(117)

廣島醫學會 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 3 (1) 1950.01~36 (10) 1983.10 ; 58 (1) (通号: 648) 2005~;本タイトル等は最新号による;出版地, 大きさの変更あり;1巻1号 (1948年11月号)-[ ] ; [ ]-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 未熟児の養護について / 馬場//一雄 / p1~5<10097215>
  • 広島に於ける精神障碍者の実態-1- / 松田//鎮雄 / p6~9<10097203>
  • 電気衝撃療法における尿ケトエノール物質量の消長について / 長尾//邦雄 / p10~12<10097211>
  • インシュリン衝撃療法における尿ケトエノール物質量の消長について / 長尾//邦雄 / p13~17<10097202>
  • 精神分裂病以外の各種精神神経疾患におけるクレペリン-内田精神作業検査負荷による尿ケトエノール物質の消長について / 長尾//邦雄 / p17~22<10097207>
  • 作業姿勢に関連して発呈した神経症例 / 長尾//邦雄 / p23~26<10097204>
  • 続発性緑内障に於ける鞏膜葡萄腫の病理組織学的知見補遺 / 三宅//良州 / p27~31<10097210>
  • 騒音下従業員の耳鳴発生頻度及び耳鳴の種類について / 松浦//巌 / p32~33<10097208>
  • 百日咳のテラマイシン,百日咳ワクチン併用療法による1成績 / 栗原//幡二 / p33~35<10097213>
  • 真性癲癇の大発作後に発呈する渇酒症の1例について / 長尾//邦雄 / p35~36<10097205>
  • 頻回発作を反覆せる蜘蛛膜下出血の1例 / 吉岡//雄造 / p37~39<10097214>
  • 精神薄弱児に於ける尿ケトエノール物質の研究 / 篠崎//憲次 / p40~44<10097206>
  • 発作性心室性頻搏 / 浦城//二郎 / p45~47<10097212>
  • 学会だより 第43回広島外科会 / / p48~50
  • 学会だより 第44回広島外科会 / / p50~52
  • 学会だより 第20回臨床外科医学会総会見聞記 / 江崎治夫 / p53~57
  • 私の処方 / 菊地博通 / p58~58
  • 得意と失意 得意と失意 / 武市重雄 / p59~60
  • 得意と失意 暴力と医師 / 沢崎嘉衞 / p60~60
  • 視察談 米国に於ける最近の癌研究の動向 / 河野義夫 / p61~63
  • 視察談 ロンドンを訪ねて / 河野義夫 / p63~65
  • 座談会 中山恒明先生を囲む座談会 / 中山恒明
  • 上村良一
  • 大内五良
  • 土谷厳郎
  • 藤井俊治 / p66~72
  • 酒の功罪 / 正岡旭 / p73~73
  • 開業医読書論 / 酒井文三 / p74~74
  • 通信 アメリカ生理学会の印象 / 銭場武彦 / p75~76
  • 医師会,病院だより 山県郡医師会・呉市医師会 / 小河九一郎
  • 小田新 / p77~77
  • 新薬紹介 テスパミン・アズノール軟膏 / / p47~47,57~57
  • 告知板 / / p78~78
  • 訂正 / / p76~76
  • 総会予告,広島医学会賞候補論文に対する投票について / / 巻頭
  • 広島医学会会則,広島医学金賞に関する規約,槇殿賞に関する規約 / / 巻頭
  • 総目次 / / 巻末

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 広島医学
著作者等 広島医学会
書名ヨミ ヒロシマ イガク
書名別名 The journal of the Hiroshima Medical Association

Hiroshima igaku
巻冊次 11(11/12)(117)
出版元 広島医学会
刊行年月 1958-11
ページ数
大きさ 30cm
ISSN 03675904
NCID AN00211943
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00020426
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想