日本生理学雑誌  19(10)

日本生理学会 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 11 (9・10) 1949.12~66 (4) 2004;本タイトル等は最新号による;1巻1号-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 生活条件の変化による最小間程の変化 / 桑原薫三 / p941~971
  • 犬大脳皮質運動領にL(+)グルタミン酸,D(-)グルタミン酸,DLグルタミン酸及びクルタチオン等のNa塩を与えた場合の運動現象に就いて / 村松//清江 / p972~976<10056288>
  • 塩縮外液の塩縮抑制作用とCa量との関係に就いて / 牟田//信大 / p977~985<10056285>
  • 反射性交代性痙攣に対する小脳の仂きについて / 清水//孝 / p986~993<10056290>
  • イソニコチン酸ヒドラチッドの中枢神経運動系に対する作用及び其の機序の実験生理学的研究 / 前野//時弘 / p994~1001<10056283>
  • ACTH,Cortison及びCobalt Chlorophyllin増血反応の本態に関する生理学的研究-1- / 森下//敬一 / p1002~1010<10056282>
  • 末梢神経の興奮並びに興奮性に対する水の生理的意義 / 戸谷//真澄 / p1011~1030<10056291>
  • 炎症性滲出液に於ける2,3の蛋白質の生理学的研究 / 塚田//裕三 / p1031~1033<10056284>
  • 血液線維素原の増加因子に関する研究 / 塚田//裕三 / p1034~1036<10056286>
  • 水分塩分代謝の季節馴化 / 古志谷//淳三 / p1037~1050<10056289>
  • 地方小学会報 第7回西日本生理学会--つづき / / p1051~1051
  • 地方小学会報 第9回日本生理学会北海道地方会 / / p1051~1055
  • 地方小学会報 第115回生理学東京談話会 / / p1055~1059
  • 地方小学会報 第2回生理学中部談話会 / / p1059~1062
  • 附 昭和31年度生理学論文表題集(3) / / p1063~1068

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 日本生理学雑誌
著作者等 日本生理学会
書名ヨミ ニホン セイリガク ザッシ
巻冊次 19(10)
出版元 日本生理学会
刊行年月 1957-10
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 00319341
NCID AN00193896
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00018767
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想