日大歯学  45(4)

日本大学歯学会

国立国会図書館雑誌記事索引 38 (1) 1964.01~57 (4) 1983.07 ; 78 (3・4) 2004.12~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度, 大きさの変更あり;38巻1号(昭39.1)~

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 咬合が原因とみられる顎関節症患者の咬合調整法の1例 / 工藤//忠男 / 407~413<7602593>
  • 象牙質齲蝕円錐,とくにその透明層の顕微X線的および走査電子鏡的研究 / 三上//晃一 / 414~421<7602594>
  • テンジクネズミの耳下腺固有唾液量および薬剤による刺激唾液量 / 伊藤//義治 / 422~434<7602595>
  • ダイコクネズミの咬筋の強いTestosterone-1,2-3H結合能について / 本田//義弘 / 435~439<7602596>
  • Electron capture detector gas chromatographyを用いてのcholesterolの微量定量法の確立ならびに歯肉への応用 / 宝諸//司郎 / 440~442<7602597>
  • Cholesterol飼養カイウサギにおける各臓器の脂酸patternの変化について,特にLinoleic acidの消長 / 桑田//史六 / 443~450<7602598>
  • Xanthosis罹患シャムネコにおける諸臓器の脂酸のpatternについて / 荒木//功 / 451~458<7602599>
  • ACTH,cortisoneがreserpineの慢性効果に及ぼす影響 とくに切歯Ca量P量および齲蝕進行について / 鈴木//賢政 / 459~466<7602600>
  • Reserpine連用ダイコクネズミのdistressに対するACTH,cortisonの効果 とくに脳ChE活性値,肝臓ChE活性値,肝臓glycogen量および血糖値について / 森//富栄 / 467~473<7602601>
  • Reserpine連用によってdistress状態をきたさせたダイコクネズミに対するMAOI,5HTPおよびL-DOPAの併用効果 血糖値,肝臓glycogen量および脳AchE活性値について / 福与//碩夫 / 474~481<7602602>
  • 手の最大指間開角に関する研究 / 加藤//信一 / 482~483<7602603>
  • ラット下顎部における新鮮同種他家肋骨の架橋的移植に関する病理組織学的研究 あらかじめ背筋内に埋入した他家肋骨の顎への移植について / 大森//一昌 / 484~497<7602604>
  • 顎口腔領域の悪性腫瘍に対する放射線の影響について / 山口//堯 / 498~516<7602605>
  • 学位請求論文内容要旨審査要旨公表(第18号) / / p517~547

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 日大歯学
著作者等 日本大学歯学会
書名ヨミ ニチダイ シガク
書名別名 Nichidai shigaku
巻冊次 45(4)
出版元 日本大学歯学会
刊行年月 1971-07
ページ数
大きさ 30cm
ISSN 03850102
NCID AN00184159
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00018114
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想