日本癌治療学会誌 = The journal of Japan Society of Clinical Oncology  14(2)

日本癌治療学会

国立国会図書館雑誌記事索引 1 (1) 1966.03~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;並列タイトル変遷: The journal of Japan Society for Cancer Therapy (1巻1号-32巻5号)→ The journal of Japan Society of Clinical Oncology (36巻1号-);46巻1号から46巻3号には「日本癌治療学会学術集会」49回の表示もあり;34巻から41巻まで各巻1号は「日本癌治療学会学術集会プログラム号」, 各巻2号は「日本癌治療学会学術集会抄録号」として2分冊刊行. 42巻から46巻まで各巻1号は「日本癌治療学会学術集会プログラム号」, 各巻2号は「日本癌治療学会学術集会抄録号」, 各巻3号は「日本癌治療学会学術集会educational book」として3分冊刊行. 47巻以降各巻1号は「日本癌治療学会学術集会プログラム号」, 各巻2号は「日本癌治療学会学術集会educational book」として2分冊刊行;1巻1号 (Mar. 1, 1966)-;47巻3号は「JSCO」[電子資料] (USBメモリ) 50回として刊行, 48巻3号, 49巻3号は 「日本癌治療学会学術集会抄録号」 [電子資料] (USBメモリ) 51回, 52回として刊行

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 胃癌に対する術前化学療法の研究--5-FUDSとFD-1術前投与症例の比較検討 / 岡田勝彦 他9名 / p129~137<2085172>
  • 子宮頸部原発悪性黒色腫 / 大橋浩文 他1名 / p138~142<2085174>
  • 家兎におけるAdriamycin慢性投与時の心毒性とCoQ₁₀の予防効果の検討 / 澤田博義 他11名 / p143~151<2085176>
  • マイクロカプセル化抗癌剤の研究 1.マイクロカプセル化マイトマイシンCの試作とその特性 / 加藤哲郎 他4名 / p152~156<2085177>
  • マイクロカプセル化抗癌剤の研究 2.腎癌に対するマイクロカプセル化抗癌剤の動脈内注入法に関する基礎的検討 / 加藤哲郎 他4名 / p157~163<2085173>
  • FT-207腸溶顆粒剤の臨床的検討--臨床薬理学的研究および臨床経験 / 丸山俊秀 他8名 / p164~178<2085175>
  • 第16回日本癌治療学会総会 / / p179~277
  • ワークショップ (I)大腸癌の診断と治療 / / p179~193
  • ワークショップ (II)絨毛性腫瘍治療の問題点 / / p194~198
  • ワークショップ (III)泌尿器・男子性器悪性腫瘍の治療の現況と問題点 / / p199~213
  • ワークショップ (IV)頭頸部癌の合併療法 / / p214~223
  • ワークショップ (V)癌診療におけるCTスキャンの進歩 / / p224~229
  • 一般演題 (1~106) / / p230~274
  • 第62回東北癌集談会例会 / / p275~276

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 日本癌治療学会誌 = The journal of Japan Society of Clinical Oncology
著作者等 日本癌治療学会
書名ヨミ ニホン ガン チリョウ ガッカイシ = The journal of Japan Society of Clinical Oncology
書名別名 The journal of Japan Society for Cancer Therapy

日本癌治療学会学術集会educational book

日本癌治療学会学術集会プログラム号

日本癌治療学会学術集会抄録号

The journal of Japan Society of Clinical Oncology

Nihon gan chiryo gakkaishi
巻冊次 14(2)
出版元 日本癌治療学会
刊行年月 1979-04
ページ数
大きさ 25-30cm
ISSN 00214671
NCID AN00187361
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00018418
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 英語
日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想