日大歯学  40(3)

日本大学歯学会

国立国会図書館雑誌記事索引 38 (1) 1964.01~57 (4) 1983.07 ; 78 (3・4) 2004.12~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度, 大きさの変更あり;38巻1号(昭39.1)~

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • Guinea Pig歯肉のLactate Dehydrogenase Isoenzymeの酵素化学的性質 / 夏目将行 ほか / p189~189
  • 牛耳下腺の無細胞系における蛋白合成について I 耳下腺MicrosomeによるC¹⁴-glycineの蛋白への取込み / 古山英介 ほか / p190~190
  • 下顎骨の実験的損傷の生化学的研究(第3報) / 山本信夫 / p191~191
  • 歯の燐脂質に関する研究(第1報) / 唐鎌三郎 ほか / p192~192
  • 歯髄のグルタミン酸オキサロ酢酸アミノ基転移酵素(GOT)の研究(第1報) / 藤枝和夫 ほか / p193~193
  • 実験的抜歯創の治癒状態の生化学的研究(第1報) / 大場辰彦 ほか / p194~194
  • 歯髄組織中のGlutamic Dehydrogenaseについて / 小畑敏雄 ほか / p195~195
  • 歯髄組織中のNAD-aseについて / 森脇一成 ほか / p196~196
  • 歯髄組織中のMalic Dehydrogenaseについて / 大竹繁雄 ほか / p197~197
  • ステロイドのガスクロマトグラフィーについて / 小川光央 ほか / p198~198
  • 長鎖イソ脂肪酸の合成に関してイソミリスチン酸と10-ケトイソミリスチン酸の合成 / 柴忠一 ほか / p199~200
  • 歯科診療室における気菌とその変動について / 国井一正 ほか / p201~202
  • Air Turbine Engine使用時の齲蝕程度別飛散細菌の状況 / 上村益郎 ほか / p203~203
  • 歯科診療所の配色に関する研究 第1報 現状分析について / 森本基 ほか / p204~205
  • Jet機操縦者用マスク使用による音声学的検討 / 森正人 ほか / p206~207
  • 口腔内齲蝕罹患値による年齢の推定について(第2報) / 竹井哲司 ほか / p208~209
  • 指紋の分類について(第1報)-数量化の適用 / 佐野長 ほか / p210~210
  • 日本人一般成人男子の頭部X線規格写真におけるトルコ鞍の諸計測について(その1) / 東海林和夫 / p211~211
  • 日本人の頭部X線規格写真の研究側貌における硬組織と軟組織の関係について / 宍倉浩介 / p212~212
  • 頭部X線規格撮影とその軟組織強調法 / 西岡敏雄 ほか / p213~214
  • 歯口清掃度の効果判定に関する予報 / 小路祐子 / p215~217
  • 小児の重症齲蝕による小児白血球像の変化に関する研究(ELMoN-ogram Karyogramによる) / 糸井健介 / p218~219
  • 乳歯の高度齲蝕罹患児における肝機能検査成績について / 高橋清一郎 ほか / p220~221
  • 乳歯の高度齲蝕罹患児における尿検査成績について / 高橋清一郎 ほか / p222~223
  • 乳歯の高度齲蝕罹患児における齲蝕指数についての検討 / 高橋清一郎 ほか / p224~225
  • 当教室で開発したTV X線写真送像装置とその効果 / 尾沢光久 ほか / p226~227
  • 歯科補綴治療の前準備として行なつた歯科矯正治療について / 菅原勇 ほか / p228~228
  • 有床義歯床下顎粘膜の電気刺激感覚閾に関する研究 / 田村武 / p229~230
  • 顎粘膜の被圧縮の荷重と圧縮量の測定器の新考案 / 大島健嗣 / p231~232
  • 歯の表面形態の測定器の考案 / 村上徳樹 ほか / p233~234
  • 歯周病と線溶酵素プラスミンについての臨床的研究(第1報) / 林岑生 / p235~236
  • 覆髄剤ダイカルおよび各種覆髄剤の諸性質について / 本田博 ほか / p237~237
  • NaFによるネズミの歯の形成異常 / 戸田善久 / p238~238
  • ヒトの露出された象牙細管のHistoradiograph / 鶴岡好明 ほか / p239~240
  • 静脈注射されたChymotrypsinの生体内分布 / 高野邦雄 / p241~242
  • 双生乳犬歯の1例 / 尾崎公 / p243~243
  • ヒトのエナメル質の表面におけるエナメル葉板の数,長さおよび分布域について / 粟沢靖之 ほか / p244~245
  • アルギン酸トリエタノールアミンを基材とする新印象材の特性とその活用 / 泉圭 ほか / p246~246
  • 球状アマルガムの機械的性質について / 大橋正敬 ほか / p247~247
  • 球状アマルガムのポーラログラフによる腐蝕傾向について / 大橋正敬 ほか / p248~248
  • 高温鋳造用埋没材の研究 / 福持貞孝 ほか / p249~249
  • 石こうの崩壊機構について / 木村祐三郎 ほか / p250~250
  • 家兎耳下腺唾液量の季節的変動について / 斉木稔 ほか / p251~251
  • 体温上昇家兎における耳下腺活動についての研究(その2) / 本沢寛 ほか / p252~252
  • 体温上昇家兎の反射唾液に対するビタミンEの影響 / 高下弘夫 ほか / p253~254
  • IsoserineとそのN置換誘導体に関する生理学的研究 / 矢崎昌 ほか / p255~256
  • 難治性てんかんに対するGABOBおよびHomocarnosinの脊髄腔内注入による治療の長期観察 / 市石稔 ほか / p257~257
  • 齲蝕象牙質部より分離したStreptococcusの一株によるラットの齲蝕発症実験 / 小野瀬英雄 ほか / p258~259
  • 齲蝕誘発飼料飼育ラットの口腔における細菌叢の変化 特にレンサ球菌の種と糖分解性の変化について / 品川亮 ほか / p260~260
  • 歯髄への初感染について(その1) / 池田正 ほか / p261~262
  • Cr.neoformansのマウス継代接種による莢膜の変化および化学的作用に対する抵抗性 / 正古良夫 ほか / p263~263
  • Formalinの連続皮下注射がラットの大腿骨切歯におけるCa,P量血中Ca,P量におよぼす影響 / 若松佳子 ほか / p264~265
  • ReserpineおよびDL-DOPA投与ラットにおける血清Caと血清ChE,血球ChE,肝ChEとの関係 / 菅沼優 ほか / p266~266
  • 歯科外来患者に対する全身麻酔の前投薬に関する研究 とくに鎮静ならびに唾液分泌抑制効果の成績について / 鈴木哲雄 ほか / p267~268
  • 歯科外来患者に対する全身麻酔の前投薬に関する研究 とくに麻酔導入に要する時間と覚醒におよぼす影響について / 鈴木哲雄 ほか / p269~270
  • 歯科外来患者に対する全身麻酔の前投薬に関する研究 とくに呼吸循環器系におよぼす影響について / 鈴木哲雄 ほか / p271~272
  • 歯科外来患者に対する全身麻酔の研究 とくに外来麻酔としてのMethohexital Sodiumによる静脈麻酔について / HAROLD W.KROGH ほか / p273~274
  • 上顎に生じた角化石灰化性歯原上皮腫とおもわれる1例について / 川越広 ほか / p275~276
  • 本学学生の健康管理に関する研究 特に血圧と腎機能検査成績について / 西山伸二 ほか / p277~278
  • 本学学生の健康管理に関する研究 特に血液スクリーニングテストの成績について / 佐藤巌 ほか / p279~280
  • 本邦における歯科医学史に関する研究 特に歯科麻酔史について / 佐藤巌 ほか / p281~283
  • 本邦における歯科医学史に関する研究 特に口腔外科診断に顕微鏡を使用した史実について / 佐藤巌 ほか / p284~285
  • 本邦における歯科医学史に関する研究 特に歯科法医学のあゆみについて / 阿部富雄 ほか / p286~287
  • 都立某精神薄弱児園児の口腔診査成績と一般調査(既往歴,知能程度)成績について(第1報) / 谷津三雄 ほか / p288~289
  • 持続性鎮痛下熱剤の研究 第1報 発熱中枢刺激法による実験 / 田村豊幸 ほか / p290~291
  • 持続性鎮痛下熱剤の研究 第2報 細菌性発熱物質注射法による実験 / 田村豊幸 ほか / p292~292
  • 抗炎症剤の研究 第1報 新しく考案した強打試験による実験 / 田村豊幸 ほか / p293~294
  • 抗炎症剤の研究 第2報 強打法試験による既知抗炎症剤の効力比較 / 田村豊幸 ほか / p295~296
  • 抗炎症剤の研究 第3報 卵白注射法による既知抗炎症剤の効力比較 / 田村豊幸 ほか / p297~298
  • 抗炎症剤の研究 第4報 カラゲニン注射法による既知抗炎症剤の効力比較 / 田村豊幸 ほか / p299~300
  • 抗炎症剤の研究 第5報 デキストラン注射法による既知抗炎症剤の効力比較 / 田村豊幸 ほか / p301~302
  • 抗炎症剤の研究 第6報 新しい酵素製剤リゾープス酸性プロテアーゼの抗炎症作用 / 田村豊幸 ほか / p303~304
  • 抗炎症剤の研究 第7報 酵素製剤リゾープス酸性プロテアーゼの急性および亜急性毒性試験 / 田村豊幸 ほか / p305~306
  • 抗炎症剤の研究 第8報 リゾープス酸性プロテアーゼ精製に使用する薬剤の抗炎症作用 / 田村豊幸 ほか / p307~308
  • 抗炎症剤の研究 第9報 プロメラインの胃内投与と腸内投与の相違 / 田村豊幸 ほか / p309~310
  • 抗炎症剤の研究 第10報 キモプシンの胃内投与と腸内投与の相違 / 田村豊幸 ほか / p311~312
  • 抗炎症剤の研究 第11報 リゾープス酸性プロテアーゼの胃内投与と腸内投与の相違 / 田村豊幸 ほか / p313~314
  • 抗炎症剤の研究 第12報 諸種薬物の強打法による抗炎症作用の比較 / 田村豊幸 ほか / p315~316
  • ラット実験的齲蝕に関する薬理学的研究 第13報 ビタミンB₂,ビタミンB₆,抗ビタミンB₆剤の齲蝕発生と体重に及ぼす影響 / 田村豊幸 ほか / p317~318
  • イブフェナック錠の臨床成績について / 矢作捻 ほか / p319~320
  • 口腔外科領域におけるAcetyl-spiramycinの使用経験 / 山口美光 ほか / p321~321
  • 乳歯齲蝕の進行の時間的推移について 特にビタミンB₁投与群と非投与群との比較 / 赤坂守人 ほか / p322~322
  • 日大小児歯科診療室来院患者の実態に関する調査 第1報 / 上原進 ほか / p323~324
  • 局部義歯の床面積咬合力および鈎歯の咬合力に関する研究 第1報 床面積測定法の新考案 / 佐々川明 / p325~325
  • 根管処置歯の咬合力に関する研究 / 榎沢健司 / p326~328
  • 乳歯の咬合力に関する研究 / 笠井仁治 / p329~331
  • 総義歯装着者の咬合力に関する研究補遺 第1報 咬合の高さと咬合力との関係 / 森谷良彦 / p332~333
  • 晩期残存乳歯咬合力に関する研究 / 中沢沖 / p334~335
  • 歯槽膿漏症罹患歯の個歯咬合力に関する研究 第1報 / 村田隆 / p336~336
  • 前歯部の外傷性歯髄炎にEpidihydrocholesterol加Ca(OH)₂糊剤をもつて断髄法を施した症例について / 木下博美 / p337~337
  • 歯周炎の歯肉圧迫療法とマッサージ療法との効果についての臨床病理学的研究 / 尾田譲二 ほか / p338~339
  • 根管治療における自家考案簡易滅菌器について / 山内満之助 ほか / p340~341
  • 窩洞形成と軟化象牙質の残留 / 木下博美 ほか / p342~342
  • インレー製作時の諸因子が適合性に及ぼす影響について / 大野卓也 ほか / p343~343

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 日大歯学
著作者等 日本大学歯学会
書名ヨミ ニチダイ シガク
巻冊次 40(3)
出版元 日本大学歯学会
刊行年月 1966-05
ページ数
大きさ 30cm
ISSN 03850102
NCID AN00184159
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00018114
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想