日本小児科学会雑誌 = The journal of the Japan Pediatric Society  57(4)

日本小児科学会

国立国会図書館雑誌記事索引 55 (2) 1951.04~87 (10) 1983.10 ; 109 (1) 2005.01~;本タイトル等は最新号による;55巻1号から88巻1号までの並列タイトル: Acta paediatrica Japonica;CD-ROMあり;55巻1号 (1951)-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 最近2年間に於ける赤痢・疫痢の抗菌剤治療成績 / 高橋//桃一 / 237~240<10052427>
  • 乳児消化不良性中毒症,疫痢及び所謂自家中毒症の肝臓機能に関する臨牀的並に実験的研究-5・6- / 山田//悦朗 / 240~248<10052429>
  • 小児先天梅毒の臨床的研究-9- / 矢代//万亀子 / 249~251<10052430>
  • 梅毒血清反応陽性の母親から生れた新生児に対する経口ペニシリン使用成績 / 藤井//良知 / 251~255<10052431>
  • 乳糖の抗佝僂病作用に関する研究-4- / 山本//剛正 / 255~262<10052432>
  • 佝僂病発生に及ぼす腸管内容pHの影響-4- / 群馬//富美子 / 262~272<10052433>
  • 乳児消化不良性中毒症,疫痢及び所謂自家中毒症に於ける尿中アンモニア及び揮発性アミンに関する臨牀的並に実験的研究-2・3- / 小林//恒雄 / 272~278<10052434>
  • 抗菌性物質の腸管運動に及ぼす影響-2- / 前田//郁造 / 279~281<10052435>
  • 精製痘菌の局所皮膚反応並にツベルクリン皮内反応抑制効果に就いて / 相見//基次 / 281~284<10052436>
  • ビタミン類の腸内菌叢に及ぼす影響-1・2- / 深海//倭文子 / 285~302<10052437>
  • 乳幼児に於けるシツク氏反応陽性率に就いて / 川村//角蔵 / 302~307<10052439>
  • 小児に於ける唾液カルシウムに関する研究-5- / 望月//修 / 307~309<10052440>
  • 地方會だより・雜報 / / p309~322

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 日本小児科学会雑誌 = The journal of the Japan Pediatric Society
著作者等 日本小児科学会
書名ヨミ ニホン ショウニカ ガッカイ ザッシ = The journal of the Japan Pediatric Society
書名別名 Acta paediatrica Japonica

The journal of the Japan Pediatric Society

Nihon shonika gakkai zasshi
巻冊次 57(4)
出版元 日本小児科学会
刊行年月 1953-04
ページ数
大きさ 26-30cm
ISSN 00016543
NCID AN00192248
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00018688
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想