形成外科  36(3)

国立国会図書館雑誌記事索引 5(2):1962.4-;本タイトル等は最新号による;並列タイトル変遷: The Japanese journal of plastic & reconstructive surgery (5巻1号-49巻12号);刊行頻度: 変更あり;5巻2号から13巻6号まで「らい形成外科」を収載;5巻1号(Jan. 1962)~;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • Editorial / 上石弘 / p243~243
  • わが国における唇裂治療の近代史 / 難波//雄哉 / p245~256<3802709>
  • ケロイドについての提言-1- / 伊藤//嘉恭
  • 新井//克志
  • 浅野//伍朗 / p257~263<3816206>
  • ケロイドと肥厚性瘢痕の定義ならびに分類 / 吉田//哲憲
  • 杉原//平樹
  • 大浦//武彦 / p265~274<3816205>
  • 頬骨体部骨折および頬骨弓骨折の口腔内アプロ-チによる整腹--口腔内アプロ-チによる頬骨骨折の整復 / 宮島//哲 / p275~283<3816214>
  • 経験 パルス幅を短縮したルビーレーザーの皮膚の色素異常症に対する効果 / 小野一郎 ほか / p285~296
  • 経験 先天性絞扼輪症候群の病像の検討--単肢および複数肢に発生した症例について / 栗本砂里奈 ほか / p297~303
  • 経験 輪郭改善を目的とした頰骨形成術 / 角谷徳芳 ほか / p305~312
  • 経験 脂肪腫吸引術後再発例の経験 / 細川亙 ほか / p313~316
  • 経験 Reduction genioplasty症例の検討 / 野崎忍 ほか / p317~326
  • 症例 先天性皮膚陥凹の2例 / 栗本砂里奈 ほか / p327~331
  • 症例 下顎骨骨膜下に発生した神経鞘腫の1例 / 春成伸之 ほか / p333~338
  • 症例 眼瞼に発生したMerkel cell carcinomaの1例 / 藤原愉高 ほか / p339~343
  • 症例 陰囊再建術を行なったpoliteal pterygium syndoromeの1例 / 上村哲司 ほか / p345~350
  • 外国文献抄訳 / / p351~356

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 形成外科
著作者等 克誠堂出版株式会社
書名ヨミ ケイセイ ゲカ
書名別名 The Japanese journal of plastic & reconstructive surgery

らい形成外科

Japanese journal of plastic surgery

Keisei geka
巻冊次 36(3)
出版元 克誠堂
刊行年月 1993-03
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 00215228
NCID AN00072268
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00006613
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想