慶應医学  64(3)

雑誌記事索引採録あり(大学紀要);国立国会図書館雑誌記事索引 31 (4) 1954.04~60 (6) 1983.11 ; 81 (4) 2004.12~85 (2) 2009.04;本タイトル等は最新号による;並列タイトル変遷: Organ der Keio Medizinischen Gesellschaft, Organ of the Keio Medical Society, Organ de la Societe medicale de Keio (13巻1号-23巻4号) → Journal of the Keio Medical Society (26巻12号-85巻2号);出版者変遷: 慶應醫學社 (1巻1号-8巻4号);刊行頻度, 大きさの変更あり;1巻1号-85巻2号 (平成21年4月);以後休刊;85巻の総目次: 85巻2号

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 綜説 わが国におけるSexually-transmitted amoebiasisの現状と問題点 / 竹内勤 / p319~324
  • 脱髄性ウイルス脳内感染と自己免疫 / 渡辺里仁 / p325~329,331~331
  • ハロセンまたはエンフルレン麻酔下の胃切除術における尿中カテコラミン値の変動 / 高橋純一 / p333~342
  • 心電図R-R間隔変動におよぼす鉛の影響 / 照屋浩司 / p343~350
  • 脳損傷に対するグリア細胞の反応に関する免疫組織化学的検索--反応性アストロサイトの増殖とその細胞骨格蛋白の経時的変化 / 高宮至昭 / p351~371
  • 視交叉圧迫モデルを用いた視覚誘発電位の実験的研究 / 中村恒夫 / p373~385
  • 精神分裂病者の情報処理障害に関する研究--P300潜時と反応時間の異常について / 伊藤真人 / p387~398
  • Thyroxineの代謝経路に関する研究--T₄からT₃およびrT₃への変換調節機構 / 西野素子 / p399~407
  • Golgi染色を用いた青斑核の研究 / 富永格 / p409~409
  • 学校検尿について考えること / 伊藤拓 / p409~410
  • 第66回慶應医学会総会 / / p411~417
  • 慶應医学会昭和61年度庶務報告 / / p419~419
  • 日本学術会議だより / 日本学術会議広報委員会 / p422~
  • 号外 医学博士学位論文内容および審査要旨(第73号) / / 別頁

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 慶應医学
著作者等 慶応医学会
慶應医学会
慶應醫學社
書名ヨミ ケイオウ イガク
書名別名 Organ de la Societe medicale de Keio

Organ der Keio Medizinischen Gesellschaft

Organ of the Keio Medical Society

Journal of the Keio Medical Society
巻冊次 64(3)
出版元 慶応医学会
刊行年月 1987-05
ページ数
大きさ 28cm
ISSN 03685179
NCID AN00069296
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00006303
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想