慶應医学  19(10)

雑誌記事索引採録あり(大学紀要);国立国会図書館雑誌記事索引 31 (4) 1954.04~60 (6) 1983.11 ; 81 (4) 2004.12~85 (2) 2009.04;本タイトル等は最新号による;並列タイトル変遷: Organ der Keio Medizinischen Gesellschaft, Organ of the Keio Medical Society, Organ de la Societe medicale de Keio (13巻1号-23巻4号) → Journal of the Keio Medical Society (26巻12号-85巻2号);出版者変遷: 慶應醫學社 (1巻1号-8巻4号);刊行頻度, 大きさの変更あり;1巻1号-85巻2号 (平成21年4月);以後休刊;85巻の総目次: 85巻2号

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • Opisthorchis tenuicollis (=O.felineus)ノ人體感染例 A Case of Opisthorchis tenuicollis (=O.felineus)Infection in Man. / 松林久吉 / p1101~1104
  • 犬蛔蟲脫殻仔蟲白鼠經口的感染試驗 Oral Infection Experiments in the Rat with the Larvae of Toxocara, Artificially Made Hatch Out. / 福岡俊一
  • 坂元祐實 / p1105~1113
  • 過敏症ニ關スル硏究 第一報 能働性過敏症ニ於ケル含水炭素及ビ還元性物質ノ消長ニ就テ Untersuchungen über die Anaphylaxie. I. Mitteilung. Über die Veränderung des Kohlehydrats und der Reduktionssubstanzen bei der aktiver Anaphylaxie. / 竹本治 / p1115~1175
  • 空氣「イオン」ノ生理作用ニ關スル實驗的硏究 III 空氣「イオン」ニ浴セシメタル摘出家兎肺ノ灌流液中ニ證明セラルル小腸筋收縮性物質ノ性狀ニ就イテ(其ノ二) Experimental Studies Concerning the Physiological Action of Air Ions. III. On the Nature of the Intestinal Smooth Muscle Contracting Substances in the Perfusion Fluid os Rabbit Lungs Exposed to Air Ions. Part 2. / 靑木二郞 / p1177~1184
  • 橫隔膜下膿瘍(症例報告) Subphrenic Abscess(Case report). / 加藤俊男
  • 福田光雄
  • 茂木英一 / p1185~1187
  • 脂酸ノ組織脂質中ヘノ移行及ビ其消失ニ就テ Über das Eintuten der Fettsäure in der Fettstoffe von Gewebe und ihres Verschwinden. / 野口忠夫 / p1189~1209

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 慶應医学
著作者等 慶応医学会
慶應医学会
慶應醫學社
書名ヨミ ケイオウ イガク
書名別名 Organ de la Societe medicale de Keio

Organ der Keio Medizinischen Gesellschaft

Organ of the Keio Medical Society

Journal of the Keio Medical Society
巻冊次 19(10)
出版元 慶応医学会
刊行年月 1939-10
ページ数
大きさ 28cm
ISSN 03685179
NCID AN00069296
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00006303
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想