慶應医学  19(2)

雑誌記事索引採録あり(大学紀要);国立国会図書館雑誌記事索引 31 (4) 1954.04~60 (6) 1983.11 ; 81 (4) 2004.12~85 (2) 2009.04;本タイトル等は最新号による;並列タイトル変遷: Organ der Keio Medizinischen Gesellschaft, Organ of the Keio Medical Society, Organ de la Societe medicale de Keio (13巻1号-23巻4号) → Journal of the Keio Medical Society (26巻12号-85巻2号);出版者変遷: 慶應醫學社 (1巻1号-8巻4号);刊行頻度, 大きさの変更あり;1巻1号-85巻2号 (平成21年4月);以後休刊;85巻の総目次: 85巻2号

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 培養犬蛔蟲卵ニ關スル知見補遺 Contributions to the Technique of Infection Experiment of Toxascaris Limbata. / 戶張寅之助
  • 福岡俊一 / p169~177
  • Eimeria carinii及ビE.miyairiiノ抵抗試驗並ニ純粹分離法ニ就テ Resistance of Eimeria carinii and E. miyairii for Environmental Conditions and a Method to Separate Pure Strains from Mixed Materials. / 西垣吉彥 / p179~198
  • Vitamin A 缺乏白鼠ニ於ケルNippostrongylus muris感染試驗 Infection Experiments of Nippostrongylus muris in the Rat in Avitaminosis A. / 金子盾城 / p199~212
  • Strongyloides ratti感染ニ因ル白鼠腸壁Eosinophilieニ就テ On Eosinophilia in the Intestinal Wall of the Rat Infected with Strongylus ratti. / 田邊是憲 / p213~
  • 非固有宿主體內ニ於ケル犬鉤蟲感染仔蟲ノ運命 Studies on the Development of Ancylostoma caninum in the Abnormal Hosts. / 松崎義周 / p219~
  • 疫痢及ビ赤痢ノ季節的變動ニ關スル硏究 Sur l'évolution saisonnière de l'EKiri (dysenterie foudroyante chez l'enfance)et de la dysenterie. / 槇弘 / p231~250
  • 植物性血球凝集素ニ關スル新知見 Neue Kenntnisse über das pflanzliche Hämagglutinin. / 本田良鄕 / p251~302
  • 赤痢ノ年次的變動ニ關スル硏究 Sur le changement annuel de l'évolution de dysenterie. / 槇弘 / p303~311
  • 慶應醫學會第十九囘總會演說要旨 / / p313~342

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 慶應医学
著作者等 慶応医学会
慶應医学会
慶應醫學社
書名ヨミ ケイオウ イガク
書名別名 Organ de la Societe medicale de Keio

Organ der Keio Medizinischen Gesellschaft

Organ of the Keio Medical Society

Journal of the Keio Medical Society
巻冊次 19(2)
出版元 慶応医学会
刊行年月 1939-02
ページ数
大きさ 28cm
ISSN 03685179
NCID AN00069296
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00006303
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想