漢方の臨床  22(6)(250)

東亞医学協会 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 2 (1) 1955.01~3 (12) 1956.12;本タイトル等は最新号による;出版地: 変更あり;1巻1号-;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 治打撲一方に就て / 山本巌 / p3~10,55~55
  • 傷寒論の新研究 (五) 素問の傷寒熱病の臨床化について / 小椋道益 / p11~20
  • 表裏内外について / 張重信 / p21~24
  • 漢方診療おぼえ書 (一六) 嗅覚消失に麗沢通気湯 三年半悩んだ頭痛に呉茱萸湯 老人のカゼに麻黄細辛附子湯 前立線肥大に八味地黄湯 難聴(中耳炎)湿疹に桂枝加黄耆湯 排尿後の下腹部の違和感に当芍散加方 帯下、陰部湿疹に加味逍遥散加方 夜尿症に柴胡桂枝湯 発作性頻脈症に悩む老人 腎石に猪苓湯、兼用芍薬甘草湯 頭痛に悩む小女 幼小時より冬期に搔痒感に悩む婦人 / 緒方玄芳 / p25~29
  • 温知堂経験録 (89) 両膝以下のシビレに附子湯 手足のシビレに加味八疝湯 レーノー病に加味八疝湯 囊腫腎の高血圧に大柴胡湯 / 矢数道明 / p30~31
  • 腫瘍患者二例 / 松岡睦友 / p32~33
  • 当帰四逆当加味方による常習便秘への使用例三題 / 長谷川忠昭 / p34~35
  • 痔に桃核承気湯四題 / 大村富栄 / p36~37
  • 「通俗漢医学原論」(五)<趙寒泳原著>訳註 / 張重信 / p38~43
  • 本誌最近号ほか読後感 / 宮崎綾子 / p44~45
  • 温知荘雑筆 (2) 本朝経験方の意味 医界之鉄椎の発行回数 / 矢数道明 / p46~48
  • 経験五例 胃のつかえ 腰の神経痛 左足膝関節のにぶい痛み 百日咳様のひどい咳 鼻づまり / 佐橋紀男 / p52~53
  • 書評 / 武見太郎 / p49~49
  • 経験五例 唇の荒れに当帰芍薬散エキス 坐骨神経痛と下肢の痛みに桂枝茯苓丸料と芍薬甘草湯 皮膚瘙痒症に大柴胡去大黄湯 嘔吐と頭痛に五苓散料エキス末 蓄膿症・胃下垂症 / 村田恭介 / p54~55
  • 漢方医界MEMO 50年5月 / 編集部 / p48~49
  • 編集後記 / 気賀 / p51~51

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 漢方の臨床
著作者等 東亜医学協会
書名ヨミ カンポウ ノ リンショウ
書名別名 Journal of kampo medicine

Kanpo no rinsho
巻冊次 22(6)(250)
出版元 東亜医学協会
刊行年月 1975-06
ページ数
大きさ 21cm
ISSN 0451307X
NCID AN00048627
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00004548
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想