漢方の臨床  3(9/10)(25/26)

東亞医学協会 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 2 (1) 1955.01~3 (12) 1956.12;本タイトル等は最新号による;出版地: 変更あり;1巻1号-;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 「現代漢方医学大観」発刊に際して--「現代漢方医学大観」発刊的話 / / p9~10
  • 東洋医学と近代医学の融合について--東洋医学和近代医学的融合 / 長浜善夫 / p11~18
  • 東洋医学の将来に望む--我們冀望東洋医学的将来 / 板倉武 / p19~23
  • 内経の真本、国宝「黄帝内経太素」に関する書誌学的考察--内経的真本国宝「黄帝内経太素」之書誌学上介紹-旧鈔本太素解題 / 石原明 / p24~39
  • 素問の治療理念--素問的治療理念 / 森田幸門 / p40~53
  • 宋以前医籍考のことなど--宋以前医籍考的回顧 / 岡西為人 / p54~57
  • 日中漢方医学交流の歴史--日中漢方医学交流的歴史 / 和田正系 / p58~62
  • 傷寒雑病論の薬方の応用について--傷寒雑病論中薬方的応用 / 大塚敬節 / p63~75
  • 芍薬甘草湯の臨床薬理について--芍薬甘草湯的臨床薬理 / 細野史郎 / p76~83
  • 八味丸証について-証の統計的考察--八味丸証的探討-証之統計上考察 / 藤平健 / p105~114
  • 正倉院薬物とその東洋医学上の意義--千二百年前中国から渡来した漢薬について-正倉院薬物和東洋医学上的意義-千二百年前渡来中国漢葯的現況報道 / 渡辺武 / p87~103
  • 日中両国に於ける漢方用薬の現況--日中両国漢方用葯的現況報告 / 高橋真太郎 / p152~167
  • 日中漢方薬局方制定の基準--提唱日中漢方薬典制定的基準 / 清水藤太郎 / p84~86
  • 漢方薬の近代薬理学的研究総覧--漢葯的近代薬理学化研究綜覧 / 矢数道明 / p115~151
  • 国際針(灸)医学の情勢並に日本に於ける針灸医学の科学的研究業績--国際針灸医学的情況和在日本針灸医学的科学化研究業績簡介 / 間中喜雄 / p168~175
  • 自律神経学説より見たる鍼灸治療について--自律神経学説的見地針灸治療的体系 / 代田文誌 / p176~191
  • 九針の成立と経絡治療について--九針的成立和経絡治療的考按 / 柳谷素靈 / p203~213
  • 鍼と疼痛--関連痛消去無痛分娩法-針和疼痛-関連痛消去無痛分娩法 / 高岡松雄 / p192~199,200~200
  • 刺絡の歴史とその術技応用について--刺絡的歴史和該術技応用 / 丸山昌郎 / p214~224
  • 食養の目指すもの--食養裡什麽指向呢 / 伊藤清夫 / p225~230
  • 近代医学の栄養学批判と日本食養法について--近代医学的栄養学批判和日本食養法的介紹 / 河内省一 / p231~246
  • 鍼灸医術と食養--針灸医術和食養 / 西沢道允 / p247~259
  • ドイツ、フランスに於ける東洋医学研究状況を視察して--在徳・法両国東洋医学研究状況的視察報道 / 坂口弘 / p260~266
  • 満州、薬の旅回顧--東北地方中葯探討旅行的回顧話 / 栗原愛塔 / p267~272
  • 編集を終えて / O / p278~278
  • 本号筆者紹介 / / p273~277

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 漢方の臨床
著作者等 東亜医学協会
書名ヨミ カンポウ ノ リンショウ
書名別名 Journal of kampo medicine

Kanpo no rinsho
巻冊次 3(9/10)(25/26)
出版元 東亜医学協会
刊行年月 1956-10
ページ数
大きさ 21cm
ISSN 0451307X
NCID AN00048627
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00004548
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想