科学警察研究所報告  35(1)(137)

科学警察研究所 [編]

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 32 (1) 1979.02~56 (1) (通号: 205) 2006.03;本タイトル等は最新号による;刊行頻度, 出版地の変更あり;32巻1号[通号]125号(昭和54年2月)~56巻1号[通巻]205号(平成18年3月)

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • ゲル内沈降反応による唾液斑痕の証明と種属鑑別の試み / 庄司//宗介
  • 森田//香 / p1~5<2484134>
  • Koenig反応を利用したシアンイオンの比色定量法 / 佐野//敏幸
  • 庄山//正敏 / p6~10<2484133>
  • ジンコンを用いたイオン会合体の形成によるメダゼパムの吸光光度定量法 / 三井//利幸
  • 松岡//俊恵 / p11~13<2484136>
  • 筆跡の形態および運筆状態の解析 2. 手書き漢字の分類と漢字の同形部分の形態変化について(III) / 飯田喜一
  • 高沢則美 / p14~18
  • 写真にあらわれた顔の形態及び印象評定の個人差 / 渡辺//昭一
  • 鈴木//昭弘 / p19~26<2484135>
  • 作り声の話者照合 / 谷本//益巳
  • 野田//秀樹 / p27~31<2484138>
  • 双生児の声の高さの類似性 / 野村//博
  • 鈴木//隆雄 / p32~38<2484137>
  • たばこによる可燃物への着火性に関する研究 1. 紙上に放置したたばこの着火性について / 木下勝博
  • 萩本安昭
  • 谷本益巳 / p39~44
  • 最近の麻薬および覚せい剤の形状等について / 神里//まり子 / p45~47<2484139>
  • 侵入窃盗犯の犯罪手口に関する研究 1. 中種別犯罪手口の反復性について / 渡辺昭一 / p48~55

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 科学警察研究所報告
著作者等 警察庁科学警察研究所
科学警察研究所
書名ヨミ カガク ケイサツ ケンキュウジョ ホウコク
書名別名 Research on forensic science

Reports of the National Research Institute of Police Science
巻冊次 35(1)(137)
出版元 科学警察研究所
刊行年月 1982-02
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 02857960
NCID AN00037041
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00032511
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想